子供のスポーツ障害、扁平足がもたらす障害と予防方法!

あすか鍼灸整骨院、asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。


この3日間暑さが夏のようです。とても暑く体調管理が難しい

季節ですね。できるだけ薄着には気をつけて少し汗ばむ

くらいの服装のほうがいいのかもしれませんね。


お知らせがあります。

当クラブではスポーツ障害専門のリハビリを専門で

行っております。このスポーツ障害専門リハビリの

トレーニング時間をさらに拡大していくつもりです。

現在の土曜日8時30分~13時を

11月からは8時30分~16時までといたします。

ただしリハビリトレーニング、体幹トレーニングのみの

対応となっております。よろしくお願いいたします。

詳細はHPのお知らせコーナーを参考にしてください。


今日の投稿テーマは小学生~高校生でもっとも

多い扁平足についてです。この扁平足放置する

ことは膝、股関節、腰など様々な障害を招く事に

なるので早期に対応することをお薦めします。

 

扁平足は足の裏のアーチが低下しています

足の裏は通常内側にアーチあります。

img_1815

↑のように親指側のアーチが本来あります。

しかし、このアーチを消失しているお子さまが

少なくありません。


内側のアーチすなわちこのアーチを

スプリング靭帯といいます。

このスプリング靭帯名前のとおりバネの役割を

しています。地面からの衝撃を身体に伝える際に

まずこの靭帯で吸収して膝、股関節、腰、背中、首への

衝撃を抑えています。

ですので非常に重要な役目を担っています。

逆に言えばこの靭帯の機能が低下すると衝撃は

直接膝、腰、首などに伝わるということになります。


特にこの扁平足は大人になると治ることはありません。

一度形づいてしまうともとには戻しません。強化は

できますが。ですので形が形成される子供さんの時期が

とても重要だといえます。

よく、タオルギャザーといってタオルを自分の方に

持ってくる動作がありますがあまり効果は薄いです。

直接アーチというより他の筋で代償する可能性が

高いといわれています。


ビー玉やボールを使った予防法

dsc_0580img_1893img_1891

↑のようにボールでアーチをつくる練習

もう一つはビー玉をつかみ所定の位置に移動

させつこの2つをお薦めします。

足の内側アーチを強化することで防げる障害を

ご紹介します。

まず一番、多いのが有痛性外脛骨この障害は

足の内側にある骨が少し膨らみいずれ靴を履くだけでも

痛みが増します。詳細はまた今月にでもお話させて頂きます。

次に膝のオスグット病この障害も膝のお皿の下の部分が

腫れてくる障害です。

最後にシンスプリント。これは下腿部の内側部分の

痛みが特徴です。症状がきつくなると歩くだけでも

痛みがあります。

これらは地面からの衝撃をまともに足、膝で受け止めた

結果におこるといわれています。

できるだけ早期に予防しないと症状が強くなると

競技や運動そのものが出来なくなるレベルまで

おこる障害もあります。とりあえず本日は3つあげさせて

もらいましたが腰、肩、背中など様々な関節に影響を

及ぼすことはあきらかです。


先ほどの予防方法はあくまでも最低限の

リハビリですので、もっと本格的におこなうには

専門家の指導が必要になってきます。

当クラブでも子供のスポーツ障害専門トレーナーが

指導にあたっています。

お子さまで怪我が多いのはもしかしたら扁平足が

原因の可能性もあります。ご相談などは気軽にお問い合わせ

ください。

0742-22-0120

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

asukaジュニアトレーニングクラブ

30分体験レッスンはこちら

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)