肩のトレーニングで、姿勢を矯正し見た目も向上させましょう!!

奈良市のスポーツ障害専門の

あすか鍼灸整骨院、

パーソナルトレーニングスタジオの

asukaトレーニングクラブ、

ジュニア競技のパフォーマンス向上の

asukaジュニア体幹トレーニングクラブ、

ダイエット、ボディメイキング専用のトレーニングの

ボディメイキングスタジオasuka、crossfit asukaの

トレーナーの野島竜一です。

 


今週からゴールデンウィークに突入しますね。

この休むを利用して是非、自分の健康増進の為に

お日にちを使うこともあってもいいかなぁと思います。

当クラブは5月6日以外は全て行っております。


 

今日の投稿は

肩のトレーニングで、姿勢矯正、五十肩予防に繋げましょう!!

 

年齢を重ねると腕を天井方向にあげることが少なくなります。

 

Young fitness woman lifting a weight crossfit in the gym. Fitness woman deadlift barbell. Crossfit woman. Crossfit style. Crossfit and fitness

写真①のように、腕を挙げる行為が少なくなります。

これは、生活が最近では便利になり洗濯物や荷物も上方に挙げることが少なくなりつつ

あります。

しかし、この腕を上方にあげる動作は本来、肩だけでなく胸椎の伸展動作にも大きく影響します。

この腕をあげるトレーニングを行うことで肩関節と胸椎は連動して動いている為に、

腕を上方にあげることで胸椎の伸展を行うことが出来結果姿勢を矯正することになります。

姿勢の崩れは胸椎が丸くなり方肩関節が前にのめりこみ、首が前方に飛び出した形になります。

胸を挙げるにも、肩関節の動きが正常に行われないと実際には姿勢を正しく行うことが出来ません。

 

姿勢を矯正するには、この腕を上方にあげることで胸椎が伸展して上半身から身体を引き起こすことが

可能になります。

 


 

肩関節が強くなることで、胸椎の関節自体も強くなり、姿勢に影響します。

 

肩関節が強くなることで、先程も述べましたが、胸椎を引き上げる源になります。

肩関節は背筋や胸部の筋もまたがっている為に現実には胸の伸展にも大きく影響を及ぼします。

姿勢が悪いのはこの肩関節にまたがる筋が使えなくなり、現実的には胸椎の伸展を行うこと難しくなり

ます。肩関節を強化するメニューでも腕を上方にあげるメニューをお薦めします。

腕を上方にあげると肩甲骨は重みで下がります。肩甲骨が下がることで胸椎を伸展しやすくなります。

肩関節を強化することはその意味でも非常に重要になります。

 

姿勢を正しくすることは見た目も身長が高く見え、歩く姿も若々しく感じます。

姿勢が悪いと内臓を圧迫し、見た目もあまりいいものではありません。

姿勢を正しくすることで実年齢よりも若く見え、肩こりや内臓の圧迫もなく

身体を健康に保つことが出来ます。

肩関節が強くして是非、健康的で美しい姿勢をお薦めします。

 


姿勢が悪く、首の痛み、肩こり、などでお悩みの方、気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)