小学生の競技選手で股関節の痛みは、きちんと股関節を伸ばすことで改善出来ます。

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブ、

ジュニアトレ塾KIZUGAWAの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。


     (今日のトピックス)

現在インターハイの予選が終盤です。

当クラブでも多くの選手が大会に臨んでいます。

このインターハイで引退する選手も少なくありません。

本戦にいける選手は一握り。

非常に厳しい戦いです。

 

毎年、この時期になると選手の悔しさ、

嬉しい表情をみてトレーナーとして

考えされることも多くあります。

学生時代は短いです。この一瞬一瞬に

かける思いはやはりいつの時代も

輝いています。

その選手に少しでも活躍して競技を

好きになれるようにトレーナーとして

微力ながらお手伝い出来れば幸いだと。

 


 

(今日の投稿課題)

ジュニア期の股関節の痛みは股関節をしっかりと伸ばさないのが原因

 

ジュニア期の競技では股関節の前面、特に

太ももの付け根を傷める子供さんが少なくありません。

競技としては、どの競技にも共通するみたいです。

この原因の一つとして走る、歩く、立つといった

日常生活で股関節が伸ばせない子供さんが多くみられます。

この股関節を伸ばせないといった状態は、日常生活でも

顕著に現れます。

これは,普段から猫背の状態、特に下を長時間みることが

多く、上を見上げるような動作が少なくなっているのも

大きな原因です。

しかし、この状態は競パフォーマンスの面でも、

怪我予防の面でも改善することをお薦めします。

 


 

股関節が伸びると、膝、足首も伸びることになります。

 

股関節が伸びることは下半身の関節を全て伸ばすことに

繋がります。

pixta_40553810_s

写真①では向かって左側の選手の股関節(左側)を見てください。

完全に伸び、膝、足首までが胸まで一直線上に伸びているのが

わかります。

この状態が本来走る時の理想です。

このように股関節を完全に伸展にする意識がないと

競技でのパフォーマンスにも大きく影響します。

現にこの選手の胸から肩を見てください。

バネのように伸びています。

これが理想的な走り方です。

強いバネを強い収縮力を発揮します。

これが競技で爆発的な力発揮をします。

このような動作が行えことで股関節の筋のストレスは

軽減します。この動きを行うことで股関節の痛みは

なくなります。

 

股関節の痛みは股関節の硬さではなく、股関節を完全に伸展することが

無くなった為といえます。その結果柔軟性の欠如、

強度が弱くなり競技で痛みを発症することになります。

痛みの原因は必ずあります、ということは原因を突き止め、

きちんと動作を元に戻すことで痛みは無くなります。

痛みはそのシグナルだと思います。

 


 

小学生の股関節の痛みでお悩みの親御様、気軽に

お問い合わせください。

asuka-sportsx.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

asukaジュニアアスリートクラブ

トレーナー野島

0742-22-0120

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)