ジュニア期の短距離の速さを向上するには、自分の近くを踏む習慣を。

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

競技での怪我は予防することで

大きく減少することが出来ます

か?という質問をよく受けます。

 

しかし、怪我を予防するには

身体の使い方を習得することが重要ですと答えます。

 

競技の練習をしても身体の使い方を

習得しないと、競技での怪我は減少しません。

練習量を増やすことは、それでけ怪我のリスクは

増加します。

怪我をすると一定期間練習や試合に出ることが

不可能になります。

欧米では身体の使い方を指導することが

重きにおき、練習量を増やすことは高校生以降に

なります。

早くから練習量を増加させて怪我を増やすリスクを

高めるより、ジュニア期、特に小学生~中学生は

身体の使い方を覚えることが結果として

怪我をしない身体をつくり、競技力向上に

繋がると思います。

 


 

今日の投稿テーマは

ジュニア期の短距離での速度をあげるには自分の近くを踏む

 

ジュニア期の競技や体育での短距離を速く走れることは

競技でも体育でも重要です。

まして子供にとっては速く走ることは

あこがれです。

しかし、みなさん速く走るのは素質だとお思いではないでしょうか。

違いますよ。

速く走れる子はどこに足を持っていけば速く走れるかを

知っているだけです。

確かに高校生以降になれば多少の素質はいるでしょう。

しかし、素質ってなんでしょうか。

それは練習をきちんと行えること。

自分の走り方に貪欲であること。

決してあきらめないこと。

こういうのが素質かもしれません。

速く走れるのにはそれだけの原則が存在します。

その原則に従えばだれでも速く走れますよ。

それが自分の身体の近くを踏むということです。

 


 

自分の身体の近くを踏むことで力を伝えやすい

img_2111

写真①では

出来るだけ自分の身体の近い所に右足を

踏んでいきます。これを左足の所に

踏んでしまうと足は流れてしまい、

体重が自分の身体に対して鉛直方向に踏むことが出来ません。

足の運びではこのことがとても重要です。

 


 

速く走るには自分の体重をいかに地面に

鉛直方向に押すか。

この押す方向がずれることで、地面を前や後ろで踏んでしまいます。

これが速く走れない原因になります。

自分の体重がいかに自分の身体の近くを踏んで走れるか。

これが鍵になります。出来るだけ自分の身体から近い所を踏むことで

鉛直方向に体重は伝わります。

 

是非、お子様で速く走りたい、タイムが伸びないのは

この踏んでいる位置の問題が多きく関係しています。

踏む位置を一度見直してみてください。

 


ジュニア期の競技での短距離、足の速さを

向上させたいとお思いの親御様、気軽に

お問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレーニング

トレーナー野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。