腹筋ダイエット お腹を短期間で引き締める方法!!

パーソナルトレーニングスタジオのasukaトレーニングクラブ。

ジュニアお子様の競技スポーツの姿勢矯正、パフォーマンス向上のasukaジュニアトレーニングクラブ。

ダイエット、ボディメイキング専用トレーニング、ボディメイキングスタジオasuka。

クロスフィット奈良初のBOXのcrossfit asuka。

スポーツ障害、腰痛リハビリ専用トレーニング、

コンディショニング調整のあすか鍼灸整骨院で

トレーナー兼コーチをさせて頂いております野島竜一です。

 


 

お知らせです。

9月からコンディショニング部門が新たな施術が加わります。

疲労回復や腰痛、肩こり、筋肉の疲れをとるコースを増やしていきます。

詳細は来週のブログでご案内していきます。

興味の有る方は是非、体験してみてください。

 


 

今日の投稿は

腹筋強化、短期間でお腹引き締め方法とは。

 

お腹の下腹部のたるみ、お腹全体の膨らみ気になりますよね。

お腹を短期間で引き締めるには方法があります。今日はその紹介です。

 

腹筋は大きく上部、斜め、下部と分かれます。

腹筋ではシックスパックと言われる腹直筋と腹斜筋、そして深層にある

腸腰筋の3点を強化することが重要になります。

ただがむしゃらにシットアップと言われる起き上がりを行う腹筋だけでは

効果はなかなか出ません。

ではどのような腹筋かご紹介していきます。

 


 

腹部の上部と斜めのトレーニング方法

 

①②

写真①②では腹部の上部を強化しています。

足の裏をつけて全身を伸ばして腹筋を行います。

この際に重要なのは腹部の上部を完全に伸ばすことです。

写真②では起き上がっていますが、出来ない方はみぞおち部分まで

起こせれば問題ありません。

 

腹部の上部のみを行うので、完全に起き上がることよりもみぞおち部分までは

完全に起こしてゆっくりと身体を伸ばすことで腹部の上部を効かせることが出来ます。

斜めの筋ではこの姿勢から右の肘が左の膝に向かって起き上がります。

この時もみぞおち部分までが起き上がれば問題ありません。

この時も戻す時4秒くらいかけてゆっくり戻しましょう。

 

腹筋は起き上がる動作よりもむしろ戻す時に筋肉が伸ばされます。この伸ばされる時に

早く地面にどんっとおりるような感じではほとんど腹筋を強化することは難しいのです。

ゆっくり4秒かけて地面に戻るようにすることで腹筋を引き締めることが可能になります。

 


 

下部腹筋引き締め方法とは

 

③腹筋マシーン

下部の腹筋では腹筋を使う器具が効果的です。

 

写真③では足を器具かけて行う腹筋です。このマシーンは欧米では非常に

人気があり海外では腹筋をこの腹筋マシーンが主流になっている程です。

このマシーンを使うことで腸腰筋を効率よく鍛えることが出来ます。

私も週2回このマシーンを使いますが10回3セットでもかなりきついです。

しかし、確実に下部を引き締めることが出来ます。

この下部だけは自宅でも行えますが、フォームが難しいのでまずは器具で行うことを

お薦めします。

 

このように腹筋を効果的に強化することで

腹部をまんべんなく敷き締めることが可能です。

是非、腹部を効率的に鍛えて引き締めボディを手に入れましょう!!

 


 

腹部の引き締め、腹部が気になる方、下腹部をなんとかしたいとお思いの方

気軽にお問い合わせください

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

ボディメイキングスタジオasuka

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です