ジュニア期のお子さまが競技を行う為に、股関節を柔軟にすることで腰、膝の痛みを予防しますよ。

pixta_7764177_m

奈良市のあすか鍼灸整骨院、asukaトレーニングクラの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。


 

今週の日曜日(19日)と先週の土曜日(18日)で

高校の様々な全国大会の奈良県予選の決勝が行われました。

サッカーは一条高校がラグビーは御所実業高校が、

またバレーボールは男子が添上高校、女子は奈良女子高校が

見事全国の舞台にたちますね。

本当におめでとうございます!!

 


 

 股関節の硬さはケガつながります。

今日の投稿テーマは股関節の硬さについてです。

股関節は下半身の中では一番可動性の高い

関節です。この関節には腹筋群、背筋群、

ハムストリングス、大腿部前面の筋群など

様々な筋が付着しています。

ですので、股関節が硬いということは、筋の

伸張を妨げることになり、また股関節の前後の

関節の膝、腰に大きな負担を背負わせることに

繋がります。

 


 

股関節での前屈が出来ない場合、腰に大きな負担が。

img_1865

写真↑は股関節を屈曲しているストレッチ風景です。

股関節がしっかりと屈曲できているのでハムストが

しっかりと伸張されています。

しかし、この股関節が曲がることができないとハムストが

股関節を引っ張り骨盤が後傾していまします。

そうすると、股関節ではなく、腰椎で身体を曲げてしまう

ことになります。

この状態が長く続きことで腰椎ヘルニアや腰椎分離症に

移行することになります。

また、骨盤が後傾することで身体をまっすぐ支える

ことが難しく、膝への負担も増加します。

img_1976img_1977

上記の写真を見て頂いてもわかりますが、

前屈動作です。股関節の柔軟度が

高いと腰への代償はありません。(向かって左側)しかし、向かって右側の

写真は股関節が硬い人になりやすい前屈動作です。

明らかに腰がまがり膝が前方に突出しています。

 

股関節が硬いことは、股関節の障害というより、

その他の前後の関節に影響を及ぼすといわれています。

競技でよく怪我をする選手はこの股関節の可動性に

問題がある場合が少なくありません。

逆に言えばこの股関節の柔軟性を取り戻すことでケガの

予防や痛みを軽減することに繋がります。

是非、股関節に柔軟性・可動性を向上しましょう。

※自分ではやり方がわからない場合など、気軽にお問い合わせください。

 

明日は胸椎の柔軟性についてお話しいたします。

 


 

股関節の硬さや腰の痛みや膝の痛みでお悩みの

親御様、気軽にお問い合わせください。

http://asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です