ジュニアトレーニング、テニスでの横方向へ速く動きリターンを上達するには、サイドステップトレーニングが必要に!!

今日に投稿はジュニアトレーニングでのテニス編です。

素早いリターンで相手のサーブを打ち返す。その為にのサイドステップについてです。

 

テニスでは素早いステップ動作はとてもリターンには有効です。

しかし、ジュニア選手ではほとんど動かないで打とうとする子供さんも少なくなく

腕だけでボールをリターンすることも少なくありません。

 

では素早くリターンをするには、どのようなステップ動作が必要になるのか。

横方向へ移動するということは、進行方向の反対側を押すことが求められます。

この動きをシャッフル動作といいます。

右に進むときは左を押します、左の場合は右を押します。

①シャフル動作

写真①のように進行方向と反対側をいかに押し切るか。これがサイドへの移動の基本になります。

この動きを正しく習得することでサイドステップの動く基礎が出来ます。

次に、サイドに出来だけ速く移動するには、地面からに反発をもらうことが重要になります。

進行方向の逆側を押すと同時に進行方向側の脚も地面を押して両足で移動するイメージが重要になります。

 

②横移動での瞬間

 

写真②はサッカーでの横への移動の瞬間です。

地面を両方の脚で押しているのがわかります。片足だけを押すのでは、瞬間的に速く移動することは出来ません。

瞬間的に速く移動するには、両足で地面を押すイメージが重要になります。

速くボールの所まで移動する為には両足で地面を捉えることが必要です。そして地面の反発力を

もらうことで更に、リターンでの威力は俄然増します。地面を押さないで打つリターンでは

威力はそれほど強くなくボールが軽い感じになります。

 

テニスでは横方向へサーブの時咄嗟に移動することは珍しくはありません。しかし、

片足づつ踏んでいると動き自体が遅いのと体重が片足にのったままの為、方向転換を頻繁に行う

テニスではとても不利になります。

素早く左右どちらにも移動することが、相手のサーブをいかに速くリターンできるかに

繋がります。リターンを速く返すことで、次の相手の攻撃に自分自身を備えることが出来ます。

しかし、サーブで自分の姿勢などを崩されると次の攻撃に自身のフォームが安定しない為に

結果、相手の攻撃をとらえきれなくなります。

 

是非、素早いリターンを行えるように横方向へのステップ練習をしましょう。

今年も当クラブでレッスンしている選手がインターハイ出場を決めました。

 

テニスの競技力でお悩みの親御様、選手の方気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-junior.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)