身体の引き締め効果を出す筋トレメニュー方法とは。

パーソナルトレーニングスタジオのasukaトレーニングクラブ。

ジュニアお子様の競技スポーツの姿勢矯正、パフォーマンス向上のasukaジュニアトレーニングクラブ。

ダイエット、ボディメイキング専用トレーニング、ボディメイキングスタジオasuka。

クロスフィット奈良初のBOXのcrossfit asuka。

スポーツ障害、腰痛リハビリ専用トレーニング、

コンディショニング調整のあすか鍼灸整骨院で

トレーナー兼コーチをさせて頂いております野島竜一です。

 


 

今日からお盆休みの会社も少なくありません。

台風が接近している為になかなか予定を立てるのが

難しいですね。

 

当クラブも

13日~15日までお休みしております。

よろしくお願い致します。

 


 

今日の投稿は

身体の引き締め効果を出す筋トレ方法とは

 

身体の引き締め効果を出す為には、筋トレの行う方法が

結構重要になります。

身体の引き締めるには大きな筋肉をつけすぎると身体が大きくなり

引き締めるというより、身体が大きくなります。これは筋肥大の為です。

筋肥大を行いながら出来るだけ引き締めるには、トレーニングの方法が重要になります。

 

筋トレでもあまり重い負荷がかかると筋肥大が起きてしまいます。

筋肥大を出来るだけ抑え、しかし引き締めるには筋肉のトレーニングのやり方が重要に

なります。

 


 

正しいフォームで出来るだけ様々なトレーニング内容を

 

女性などで引き締めるには、正しいフォームで様々なトレーニングの内容を

行うことが必要です。

特に、正しいフォームがとれずに重たい負荷を行うと太ももだけが太くなったり

身体のバランスが悪くなります。

正しいフォームで行い、出来るだけトレーニングメニューも特定せずに

上半身、下半身まんべんなく行う必要があります。

負荷設定も軽くても問題ありません。

軽いから効果がないのではなく、フォームが間違っていたり

効かせたい部位へのトレーニング方法が確立出来ないまま

トレーニングを行うことでトレーニングの効果が半減します。

 

また、特に上半身の背筋などはあまり自身でされる際には、

自分では出来ないケースが多く背筋の強化が減少傾向にあります。

背筋が弱いことで姿勢を維持することが出来ずに、

姿勢が悪化することでお腹が出たり、猫背が強くなるとなかなか身体を

引き締める効果は薄くなります。

 

出来るだけ身体を引き締めるには、正しいフォームで出来る負荷設定でまんべん

背筋などの普段意識して見れない部分なども積極的にトレーニングをしましょう。

どうしても自分一人でトレーニングすると自分の見える部分だけを

行いがちでトレーニングの内容が偏るケースがあります。

 

正しいフォームで行うには専門のトレーナーに行って頂くことをお薦めします。

引き締めるには、正しいフォームで適正な負荷設定で身体の筋肉をまんべんなく鍛え

出来るだけ偏りのないトレーニングメニュー構成をお薦めします。

 


 

身体を出来るだけ引き締めたいけどごつくなりたくないなどのお悩みの方

気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

asukaトレーニングクラブ

ボディメイキングスタジオasuka

0742-22-0120

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

同じカテゴリの記事はございません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です