腰痛ヘルニアで効果的なリハビリトレーニングで痛みやしびれから解放されませか。

今日は、腰椎椎間板ヘルニアのリハビリについてです。

腰椎椎間板ヘルニアは現在はほとんどが、保存的療法で改善することが出来ます。

術後の再発率は80%以上あり、ほとんどの方が再発すると言われています。

それは、この傷害の本質にあります。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、原因が椎間板が飛び出していることが

原因だと言われていました。しかし、飛び出ていても

症状が出る人と出ない人がいます。

これは、症状が出ないのは、椎間板の変形だけが原因ではないということです。

以前もお話しましたが、腰の関節は本来、大きな可動性と大きな力を持ち合わせていません。

 

持ち合わせているのは、股関節と胸椎部分になります。

股関節と胸椎は大きな可動性と大きな負荷に耐えれる構造になり

胸椎のヘルニアは基本聞いたことがありません。

これは可動性が大きいことと、胸椎部分には肋骨が存在します。

しかし、腰の周辺には内臓しかなく腰椎を支えるものが筋肉しかありません。

 

これが腰が痛めやすい原因となります。

腰を酷使すると、腰椎だけでなく、腰椎周辺の筋肉も固くなり

又、この硬さが神経を圧迫すると言われています。

そして、この原動は動作にあります。ヘルニアの方は、腰が硬く、胸椎も固く

腰で全ての曲げる、伸ばす動作をおこなっています。

また、腹圧と言われるお腹の圧も弱く、お腹の筋肉を使っている感じが

ほとんどありません、その為例えるならこんにゃくの中に棒があり

そのこんにゃくで支えているイメージです。そのような状態では

棒は左右に大きくゆれ安定することが出来ません。これでは神経を圧迫する

要因を作り出しているので、手術をしても同じ動作では再発するのです。

 

症状を緩和するには、腰周辺の筋を鍛える、動作を変える、この2つが必要になります。

まず腹圧を高めることが重要です。お腹の圧は通常、呼吸する呼吸筋で構成されています。

お腹の呼吸筋を使うには呼吸を正しく行うことが必要です。

①②腹圧を高めるトレーニング

 

写真①②では腹圧を高めるトレーニングです。

見た目は簡単そうに見えますが、この動作では地面を手で押さえ

立ち上がることになります。この時に必要になるのは、お腹の腹圧と言われる

お腹の筋力です、とくに呼吸する筋です。腹圧が高いとこの写真のように

膝が前方にです、お尻から立ち上がることが出来ます。しかし、

腹圧が高くないとお腹の圧が弱い為に膝が大きく前方に移動してお尻から立つことは

出来ません。このお腹の圧=腹圧を高めることが重要になります。

 

 

次に足裏の意識です。腰の悪い方はほとんどが足裏の筋も低下しています。

これは足裏は本来、地面を支えている唯一の部分です。この部分がきちんと

使えていないと身体の動作を支えることが出来ません。

支えることが出来ないと、現実には動きを止める動作が出来ない為に

止まるときに腰を使うことになりかねません。

 

この足裏の意識を行うことで身体の体幹部分を安定させ、なおかつ

活性化することになります。この足裏の意識を高めるトレーニングとして

写真③足裏でトレーニング

 

写真③のように足の指をしっかりと立てて使う練習です。

足裏を正しく使う為にも、このように足の指をあげてスクワット動作などを

行います、足の指をあげることで足裏の感覚は鋭くなり、動作を正しく行う起点となります。

 

このように自分の今迄使っていない足裏やお腹の呼吸筋を活性させてみてください。

腰椎椎間板ヘルニアの症状は改善され、以前にような状態に戻ることが出来ます。

 

腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)