ジュニアトレーニング相手を抜くステップ動作を上達するトレーニング、ステップを2種類練習しよう!!

今日の投稿はジュニアトレーニングについてです。

ステップ動作を覚えることは競技を行う上でとても重要です。

しかし、ステップ動作本来2種類あります。

縦系と横系が。なぜ相手を抜くのにこのステップ動作が有効か。

 

ステップは視覚に対するフェイクです。

その視覚をまどわすには、横移動か縦移動が主流になります。

横方向とは

①横方向のステップ

横への移動をする時には必ず、その伏線があります。

この写真①では、左に移動する為に右に一度身体を振ります。そのふり幅が大きいと相手は

それにつられていきます。そうすることで相手を抜くことになります。

縦方向のステップは一度空中に身体をジャンプする形で起こしてから

上下動をつかっての視覚へのアプローチとなります。

 

この縦、横のステップはサッカー、ラグビー、アメフト、など多くの動作で活用することが可能になります。

しかし、このステップ動作で重要になるのは、しっかりと体重を軸脚に乗せるということです。

軸足に体重を載せるには、対角線上の体重移動が重要になります。

この体重移動を可能にするのが、片足でのホッピングジャンプです。

②③ポッピングジャンプ

写真②③ではホッピングジャンプについてです。

写真②③では上半身を使って片足で着地してジャンプをしております。この時に右の脚で着地するときは

左肩を。左足で着地するときは右肩を。意識します。対角線上に身体の位置があることで

地面をより強く押すことが出来ます。

 

地面を強く押すには、対角線上に身体を押すこと足裏が地面を捉えることが出来ます。

最初はゆっくりと行い徐々に速く移動していきます。

最終的にはどんどん速く動くステップにしていきます。基本縦系はこれに上方向の

ジャンプ動作が入ります。

このような上半身を使っての対角線上の身体の使い方を覚えることで

ステップ動作は上達します。

 

競技でのステップを現在はほとんどの球技では必要です。しかし、現実に小学生などは

身体の使い方が出来ない為に無茶苦茶なステップを行うお子様も少なくありません。

是非、正しい身体の使い方でのステップ動作を覚えてみませんか。

今迄とは違うステップで相手を抜くことができると思います。

競技でステップ動作を習得したい、速く相手を抜きたいと御考えの親御様

気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-junior-com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)