速く走るトレーニング、第2弾 腕のスイング方法でスピードが変わる!!

今日は速く走るトレーニング、第2弾。

腕のスイングで走るスピードは大きく変化します。

腕のスイングで何故、スピードが変わるのか?

動き出す前の静止した状態では脚は両脚ともに

地面に接地しています。しかし、腕はこの時もフリーに動かすことが可能です。

 

脚を動かすには長さ、重さからも大きな力を要することになります。

これをスムーズに行うことが出来れば脚は速く前方に動くことになります。

この動作を可能にするのが出来るのです。

腕のスイングを速くすには、ただ振るだけでは難しいのです。腕の肘を伸ばしたまま

走るお子様や選手がおられますが、肘を伸ばすことで遠心力が大きくかかり

腕のスイングの戻りが遅くなります。遅いスイングでは脚の回転を速めることは出来ません。

 

ではどのように腕のスイングを速くするのか。

とてもいいトレーニング方法があります。

ヒップタッチという方法が。

①②ヒップタッチ走法

 

写真①②で行っているのはヒップタッチ走法と言われるトレーニングです、

股関節の横部分を手でタッチするイメージで振っていきます。

股関節の横をタッチすることで、腕と脚とのまず、連動性を高めることが出来ます。

そしてタッチした後、肘をたたむことで、腕を前方に移動しやすくなります。

このヒップタッチを繰り返すことで脚と腕の連動性がよくなり、前に進む推進力が

あがります。実際に多くのお子さまに行っておりますが、

見違えるほど脚が速くなっています。

 

足の裏は基本走るときは、接地時間が短い程程、地面からの吸収を抑えることが

可能となります。しかし、腕は脚よりも身体の上方にあります。腕のスイングが正しく行うことで

上半身が下半身を持ち上げることが出来ます。その結果地面に接地している時間は減少し

地面からの反発を受けやすくなります。下半身だけで走ると上半身の重さまでも自分で受け止める

ことになるため、減速になります。

 

ヒップタッチ走法が慣れれば、タッチではなく動作を同じで走っていきます。

腕で身体を前方に進める感じがわかると思います。

速く走るには、この上半身の腕のスイングは不可欠になります。

世界の100mのトップ選手の腕があれほど太く引き締まっているのは

腕のスイングが非常に速い為発達しているとも言われています。

 

小学生からでも腕のスイングを正しく練習することで

スタートや、トップスピードは大きく変わります。

是非、ヒップタッチ走法をお薦めします。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)