競技で守る姿勢、サッカー、ラグビー、バスケットボールでの素早く反応するには半身での姿勢が重要に!!

競技では守る時の姿勢はとても重要です。

特に、サッカーやラグビー、バスケットボールでの守り方についての姿勢についてです。

守備は基本的にどのスポーツでも攻撃型に合わせるので攻撃の方が相手より

方向転換やスピードの緩急は有利です。そこを崩すには、守備の守る姿勢や守り方の

練習が必要になります。

 

昨日はジョッキングの話をさせて頂きました。

この動きを次の段階で活かすには半身の姿勢がとても重要になります。

半身の姿勢で動くことが。

何故では半身の姿勢をとることが重要になるのか。それは正面を向いた状態で

前後、左右に動くことは難しいのではありませんが、

相手がステップやドリブルなどのスキルでカットインや方向転換するときは

正面で姿勢を構えることはとても守備に不利になるのです。

正面に構えることは自分の体重が片足に完全に移動することが相手の動きによりおこりやすいのです。

 

 

しかし、片足に完全に体重がのると次の動作に向かう時にすぐに動くことは出来ません。

次の動作では体重を一旦進行方向に向けて動くことが必要になります。

この動作がとても時間がかかり相手のステップなどで一旦抜かれると追いつくことは

ほとんど不可能になります。

ですでの脚を止めずに動き続けるジョッキングが重要になります。

相手の動きを止めるには、半身になり進行方向を抑えることが重要になります。

①バスケットボールの試合半身の姿勢

写真①では試合での半身の姿勢で守る所です。

写真①では相手の進行方向である左サイドを止めています。

この止める際に相手の正面に入らないことで相手の進行の左側はつぶれ

右方向しか進む所がありません。

 

そうなると守るのは右サイドだけになり守備で相手を右側からの攻撃に絞ることが

出来るのです。半身で構えることで相手の進行方向をある程度制限する効果があり

その結果相手の攻撃の可能性を狭めることになります。

相手の攻撃を封じるには相手の動き一方向に限定することでとても守りやすく

なります。その為にも半身で守る姿勢は重要になります。

半身で守ることで相手の動きを封じることになり、結果自分のサイドが抜かれなくなります。

 

サッカーでのトップ選手などはこの半身の切り返すスピードが速くどちらに切り替えなれても

半身で守り続けることが出来ます。

練習方法としましては、半身で後方に下がる時の右半身→左半身→右半身→左半身といった

形で動きます。

②③ジョッキング動作半身

 

写真②③ではジョッキング動作で半身で行いますが

写真②③のように半身で左右に動くことで相手の動きについていく

練習を行うことが可能になります。

半身で動く時も脚を止めないで行うことが重要になります。

 

是非、半身で動く練習をしてみてください。

守備で動くとき今までよりも動きやすくなるのがわかります。

 

守備で速く動きたいけど、どうしたらいいかわからないなどでお悩みの親御様

気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jo

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です