膝の機能を回復するのは、あなたの考え方次第ではないでしょうか。

トレーナーのノジです。

今日は1日雨。だんだん寒くなり朝も布団から出るのが

厳しい季節に。もっと寒くなる奈良が今から怖い(笑)

明日はトレーナー一同、インフルエンザの予防接種で

す。

 

今日は膝のお話しです。

よくクライアントの方から膝が痛いから太ももの筋肉を

鍛えなさいっていわれました。

これって本当ですか?って聞かれます。

医療機関で膝が痛いから太ももを鍛えなさい、もっと歩

きなさいって話し聞きます。

後は、軟骨が減っています。薬のみましょう。注射しま

しょう。サプリのみしょう。

間違いではないと思います。

しかし、これって本当に膝の機能が治るのかな。

う〜ん。治るかな。たぶん治らないと。。

確かに痛みをとる為には緊急的な処置としてはいいかも

しれません。でも機能が回復したかは別問題だと思いま

す。

また、太ももの筋肉も確かに必要ですが、本当にそれが

最優先で強化するポイントとは違うと思いますよ。

昨日のニュースゼロみましたか?歩行の事を

桜井キャスターが解説していましたよ。歩行の際は

お尻を意識して歩きましょうって。

歩くということは太ももより

お尻の筋肉を意識した方がより膝の負担は減りますよ。 

太ももの前側の筋肉はお尻に比べてまず筋肉の強さが違

います。地面を踏むのは臀部ですよ。

短距離選手のお尻を見て頂ければわかるように凄い筋肉

がお尻についていますが、

太ももの前側はそんなにではありませんよね。

強い力で地面を踏むから臀部が発達するのです。

膝が痛い場合に太ももの前側の筋肉も必要ですが

順番ではまずお尻の筋肉を強化した方がいいと思いま

す。薬やサプリは症状を完治する為のものではないと思

いますよ。

また、軟骨は年齢がたてば消耗していくのは当然です。

これは誰でもがおこる事だという事をきちんと認めてあ

ましょう。

膝が悪いのは膝のせいではありません。

きちんと歩く、しゃがむ為に必要な筋肉や

動かし方がうまくできていなかった為です。

膝ばかりをあまり責めないであげてください。

きちんと修復する努力をするか、しないかは本人次第で

すけ。

しかし、きちんと修復する努力さえしてあげればカラダ

はある程度はもとに戻りますよ。

せっかく長い間付き合ってきたカラダですよね。自分で

何とかしてあげませんか。

僕はなんとかして自分の身体とうまく付き合っていきた

いです。

これからもずっとね。

だって一生に一度の身体ですから。

今日のお話しはおしまいです。

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)