競技力向上トレーニング、サッカーでのサイドバック選手の素早い切り返し動作を速くするトレーニング!!

今日のトレーニングはジュニアトレーニング、サッカーのサイドバックのポジションの選手に

素早い切り返し動作についてです。

サイドバックのポジションでは、とても素早い切り返し動作を要求されます。

特に守備的に。どれだけ相手のドリブルなどに食らいついていき、相手のベストなパスを

崩していくか。また、タックルなどで相手を自陣にいれないか。それが鍵になります。

どれだけ、速い切り返し動作が出来るかです。

この切り返し動作を行うには、クロスオーバーと言われる動作スキルが必要になります。

クロスオーバーとは、相手を追いかける上で自分の進む方向がある程度決まっている状況下で

行う動作スキルです。

 

このクロスオーバーステップを覚えることでサイドバックでの切り返し動作は各段と変わります。

では、実際のトレーニング方法としまして

①②クロスオーバーステップ

写真①②ではクロスオーバーの練習です。壁に手をついた状態から後方の

脚をクロスしていきます。

この時に、重要になるのは地面と出来るだけ平行になるくらい、身体を傾けることです。

又、壁に出来るだけ体重をかけ、進行方向の脚に体重をほとんどかけます。

この状態がクロスオーバーステップの姿勢になります。

 

低い姿勢から自分の後方の踵が前方の脚の膝付近を通るイメージで

行います。

このクロスオーバーステップで重要になるのは最初の一歩をどれだけ踏み込めるかです。

最初の一歩をどれだけ踏み込めるかが、切り返しではとても重要になります。

切り返し動作でもっとも必要になるのは、最初のスタートから5歩までくらいです。

この間に追いつかないとクリアも相手を追いかけるのも、追いつくことは出来ません。

 

特にサイドバックは運動量がとても求められ守備から攻撃の切り返し動作が

とても頻繁に行われます。

その為に、どれだけ同じフォームで走ることができるかが重要になります。

③低い姿勢からのスタート

写真③のようにほとんど地面をみるくらいの形でスタートします。

パワーポジションから体重を進行方向に傾けで脚をクロスしていきます。

地面をみるくらい身体を脚方向に近づけます。

近づけることが出来れば、スタートの際に地面をしっかりと体重で押すことを

実感することになります。

④⑤⑥ヒップタッチ

 

写真④~⑥ではヒップタッチをおこなっています。ヒップをしっかりと

タッチすることで、進行方向の逆方向に地面を押す感覚が掴めます。

この地面を押すのは、脚だけではなく、腕でも押すことで自分の姿勢を維持したまま

クロスオーバーステップを可能にします。

 

このように低い姿勢とヒップタッチを行えることで素早い切り返し動作を可能にします。

サッカーのサイドバックで素早い動きをご希望の親御様、気軽にお問い合わせください。

 

誰でも切り返し動作が素早くなります。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)