ジュニアトレーニング、速く走る為のトレーニング、ヒップタッチを練習しよう!!

今日はジュニアトレーニング、速く走る為のトレーニング、ヒップタッチについてです。

速く走るには様々な方法があります。今日はその中でもヒップタッチと言われる

走り方を練習することで速く走れるようになります。

 

通常は脚で地面を押してその反発で走ることはよく知られています。

しかし、腕はどうでしょうか。腕を振るというイメージがありますが、

腕は地面方向を押すような力は無いのでしょうか。

あるのです。腕も地面方向を押す力が。

 

①腕で地面を押す感覚

 

腕は通常振るというイメージがあると思います。しかし、写真①を見て頂いてもわかりますように

振るのですが、後ろというより、一度下方向に押すようなイメージで振ります。そうすることで

胸椎が伸展しやすくなります。

②地面を足と腕で押す

脚は本来地面に接地している為に、わかりやすいのですが、腕も本来は地面方向に押す

感覚でのトレーニングが必要です。写真②はスキップをする際の写真ですが、右の腕で地面方向を

押して、左足で地面を押してスキップ動作を行っています。

これが本来腕、脚ともに地面を押すことで自分の身体をより伸展状態にもっていきやすくなります。

 

しかし、頭でわかっていてもついつい腕を下方向に押す感覚を小学生~中学生で

行うことは難しい部分があります。そこでとてもわかりやすいのがヒップタッチになります。

自分のお尻の横方法を手でタッチしてパチーン、パチーンと音がすることでとても理想的な

腕の振りを行うことが出来ます。

 

このヒップタッチの利点は

①腕をどの位置を通過するかわかりやすい

②手でお尻をタッチするときに抵抗が掛かる為にしっかりと腕を振ることができる

があります。

 

臀部の横をしっかりとタッチして最初は止まった状態から腕だけを振りながら行います。

つぎに歩行です。歩きながらヒップタッチを行いながら進んでいきます。

この時に音に注意です。しっかりと”パチーン”を高い音がなっていればOKです。

最後に走っていきます。

 

この時にはしっかりと臀部の横をタッチしながら軽く走っていきます。

これが出来ると、次にタッチせずに同じフォームで走ります。

おどろくくらいフォームが安定します。

特に、脚への負担が大きく軽減し軽く走ることが可能になります。

これは胸椎の伸展する時間が長くなり、地面への吸収される時が短くなる為に、

おきる現象です。

 

最終的にはしっかりと地面を足で押す、腕で地面方法を押す感覚を掴んで

ダッシュしてみてください。

フォームが安定して今までより確実に速く走ることが出来ます。

これがヒップタッチになります。

速く走るのは才能ではありません、センスでもありません。走ることに

対しての準備が出来ていると誰でも速く走ることは可能なのです。

※ヒップタッチのトレーニング方法の詳細は気軽にお問い合わせください。

 

是非、速く走りたいとお思いの親御様、選手の方気軽にお問い合わせください。

当クラブでは速く走る為の様々なトレーニングを行っております。

 

asuka-sports.com

asuka-junior.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)