スポーツ外傷、テニス肘を改善する方法。 胸椎をしっかりと使いましょう。

スポーツ外傷を見る、第3弾です。

テニス肘を改善する方法です。

テニス肘を改善するには、胸椎をしっかりと使う必要があります。

 

テニス肘とは肘の外側の痛みのことをいいます。

テニス肘でもテニスをするからなる訳ではなく、

他の競技でも同じことが言えます。

肘を強く回内から回外するスポーツに多くみられます。

ゴルフやテニス、バトミントン、野球、などにみられます。

強く肘か回内してその反動で回外することで、

肘の外側に痛みが発症します。

 

症状が強いと競技を一時断念するくらい痛みを伴うことにも

なります。

これは所謂アーム打ちと言われる手で打つ行為が続くことで

おきます。

写真①

写真①ではバトミントンでのバックハンドの状態です。

この状態で打つ時に、胸椎を回旋して半身になる

しかし、これアーム打ちと言われる状態だと

身体は半身になりません。

肘を使って打つ方法は20年くらい前は

テニスやバトミントンでも頻繁に行われ、このバックハンドを使う

テニスから名前が由来しています。

しかし、現在では、バイオメカニズムやスポーツ医学が発達して

動作がより科学的に証明されています。

 

テニスやバトミントンや卓球でのバックハンドでは

胸椎を回旋し肩関節が回旋しボールやシャトルを打ちます。

この胸椎をしっかりと使うには

回旋と伸展を正しくトレーニングすることが重要になります。

動作を改善することで肘の痛みを回避することになります。

 

テニス肘でなかなか痛みが引かないケースは、肘を軸にして回旋していることが

原因です。

この状態を回避することが必要になります。

②③

胸椎回旋トレーニング

写真②③では胸椎の回旋のトレーニングです。

しっかりと胸椎を回旋するには、

写真②③のように、軸になる手で地面を支えて

胸椎を回旋しながら股関節を伸展していきます。

このトレーニングでは胸椎をしっかりと回旋して身体が半身になることが

目的です。

ターキッシュゲットアップと言われるトレーニングメニューになります。

このメニューを行うことで身体の胸椎から作動する感覚をつかみましょう。

このトレーニングで胸椎から動く感覚をつかむことで

競技でも胸椎から作動することが出来ます。

 

胸椎が作動すると肘への負担は大きく減少します。

是非、肘に痛みや違和感がある選手の方、親御様気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)