ラクロスでのステップ技術を習得してゴールを狙え。 縦ステップを覚えよう!

今日はラクロスのアタックのステップ動作について。

4年間ラクロスのフィジカルトレーナー兼ゴーリーコーチを

行って来ました。

 

ラクロスは男子の女子では競技のルールが少し違います。

今日はその男子、女子でも使えるステップ動作についての投稿です。

縦へ切り込むステップ動作を覚えよう!

 

ラクロスではゴール前での攻防はかなりのコンタクトプレーになります。

これは女子でも同じです。

私は長年女子のラクロス部に携わっていましたが、コンタクトプレーなしでは

語れないくらい激しい競技です。このゴール前のサークルでいかに相手を抜くか

これはアタックの選手にとっては大きな課題とも言えます。

確かにパスワーク、クロスワークがあっての前提です。

 

ステップは大きく横ステップと縦系ステップに分かれます。

しかし、ほとんどの選手は横のステップになります。

①横ステップ動作

写真①は横へのステップです。

横のステップは簡単には右でステップをきり左方向へ進むと

いう動作になります。

確かに横へ移動する時にに有効でラクロスでも同じようなステップ動作で相手を

抜くことは少なくありません。

 

しかしこのステップの課題はスピードが横へ移動する為、前方向へのスピードが

減速しながら行うので相手に追いつかれるケースが少なくありません。

抜けても横方向の為完全に抜ききることは現実的は簡単ではありません。

 

この横を活かすにも縦系ステップが有効になります。

縦系ステップは一度スピードの強弱で走る動作とも言えます。

 

縦系ステップでは

例えば、

ゆっくり走り左足でまず踏み込んで次に右の膝を高くあげで、左足と同じ維持まで

右足を踏みます。そうすることで一旦スピードが落ちていたのに、

急激にスピードをあげることが出来ます。

これはスピードが域内トップスピードに入る為に相手の予測がつきにくいのです。

また、この縦系から横ステップにもつなげることが出来ます。

 

IMG_0061

上記の動画を参考にしてください。

この縦系ステップを習得することで瞬時にスピードをあげることが出来ます。

また方向も右、左どちらにも動けるステップです。

習得するには、まず自分の軸脚方向に振り上げた足を持ってくる練習から

行いましょう。

自分の軸脚方向に足をもって来ることで前方への推進力が高まります。

この縦系ステップを習得することでラクロスでのアタック能力は大きく変わります。

縦系ステップは海外の選手では多く使われているステップです。

 

是非、習得してゴールを狙ってみましょう!

 

ラクロスのアタック、ゴーリーなどの技術やパフォーマンス向上でお悩みの方

気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です