腰が痛いでも、腰を触らなくても状態は改善できますよ!!

体幹トレーニングアドバイザーのノジこと、

奈良市のあすか鍼灸整骨院・asukaトレーニングクラブの

野島竜一です。

今日は奈良市でも夕方から⛄雪でした。寒~い。

夜の温度1度でした。しかしだんだん日が長くなっています。

そんなことを思う今日誕生日のノジ46歳でした(笑)

(今日のお題)

腰が痛いからでも腰は僕は触らないです。

ギックリ腰やスポーツでの腰痛での

コンディショニングの調整をすること少なくありません。

しかし、腰を触る事を僕は極力しません。

なぜなら腰に原因が無い場合が多いのです。

腰は痛み箇所を聞く際に触る程度ですね。

腰が痛みがキツイときに無理に触る事で

更に悪化することもあります。痛みがきつい際に

過度に腰の筋が緊張していると触ることでさらに

緊張を加速させることがあるからです。

腰が痛いとき、ほとんどが股関節・胸椎に問題が!!

腰が痛い時に、腰以外の場所に問題が場合は少なくありません。

腰を触るよりそれ以外の関節や筋肉を確認する必要があります。

その場所に問題があると腰のみを単独で触っても症状は

あまり改善しないかもしれません。股関節周辺の筋が過度に

緊張している場合、特に腸腰筋、大腿四頭筋がタイトな状態になっていると

この筋の緊張をとらないと腰周辺の筋の動きを正常にすることは

難しいケースがあります。

また、過度に胸椎の動きが制限されていると腰部への影響は

少なくありません。

意外と胸椎の動きを正常に戻すことで腰を触らなくても

痛みが軽減します。

カラダは単独の筋肉のみで動くわけではないので関連性の

あるところを調整する必要があるかもしれません。

痛みがあまり強いと患部を過度に触ることを拒むかたも

おられます。その時に関連性のある関節や筋を正常に

戻すことでクライントさんのコンディショニングを

うける際の負担も軽減できると思います。

 

今日のお話しでした。

ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)