ゴルフ上達トレーニング、体幹強化でスイング安定と飛距離向上します!!

今日の投稿はゴルフです。

ゴルフ専門トレーナーとして様々な方の動作をみさせて頂いております。

 

ゴルフでなかなか安定してスイングが出来ない、飛距離がどうも伸びないなどの

お悩み少なくありません。しかし、これはスイング自体のスキルもありますが

大きくは身体の動作にエラーが出ているケースが多いのです。

トップクラスのゴルファーでもトレーナーを何人もつけ自分のコンディショニングや

トレーニングを行っています。

その中で今欧米で重要視されているのは動作です。

その動作から自分に必要なトレーニングを行うことがメジャーになっています。

メジャーで活躍している野球の大谷選手も以前TVでそのことが紹介されていました。

これは全ての競技に今後おこりうることです。

ただがむしゃらにトレーニングをする、スイングをするでは自分のエラー部分がさらに

悪化するケースもありそのままではなかなかスイングの改善には至りません。

 

当クラブでも動画から動作をスローで解析してどの部分にトレーニングが必要かを

導きだしその方の最適なトレーニングを導入しております。

特にその中でもスイングにおいて重要になるのは体幹の安定性です。

 

ゴルフでは身体を一旦傾斜してアドレスをします。

この姿勢が普段でもなかなか行うことがない動作です。それもある一定時間

止まっている必要があります。また、普段から体幹部分の力が弱い方は

身体を前傾するとどうしても腰が反る、背中が丸くなる傾向があり、

そのままスイングをするとゴルフクラブのトップの位置が安定せず、

スイングにエラーが出ます。

 

特に18番ホールを安定したスイングを行うには歩行しながら一旦とまり

行うという様々な要素でのスポーツになります。

ですので打ちぱなっしとは少し用途が違ってきます。

体幹部分の強化は歩行や坂道をあるく、でもその中で自分のスイングを行う必要があります。

ですので、しっかりと体幹を強化する必要があります。

 

何故体幹?と思われるかもしれませんが

身体の末端の筋には大きな力はありません、逆に体幹部分胸椎~股関節付近には大きな筋が

あり、とくに腹部には身体の中枢ともいわれる部分がありその筋の強度でスイングの安定は

変わります。

 

例えば、おおきな力を発揮する場合、人間は一旦息を止めて身体の力を出します。

これは、ほとんどの方が行っていることです。

しかし、この現象はゴルフでも同じことが言えるのです。

運動動作を行う際には身体の安定性と可動性が必要になります。

この2つをコントロールをしているのがコアと言われる部分。

図①コアの筋群

図1はその筋群です。

このコアの筋が強くなることで身体の筋を安定させ、可動性をあげることが

出来るのです。これが本当での体幹の凄さです。

四肢の筋は、この体幹部分からの伝達で正常に動いているといっても過言ではありません。

 

ですのでゴルフでのスイング力向上や飛距離の向上にはただ筋力強化やゴルフの練習ばかりでは

超えれない部分が現れます。

逆にこの体幹部分が強くなることでスイングのアドレスの姿勢は毎回安定します。

アドレスが安定することはスイングのクラブのトップの位置やフォロースルーの時に軌道が

安定します。

これがスイングの毎回安定します。

またスイングが安定し体幹の力が強くなることで筋力を正しくボールに伝えることが

出来飛距離向上に繋がります。

 

当クラブでも多くの方が体幹を正しく鍛えコアの筋群を活性していることで

スイングの安定と飛距離向上に繋がっています。

今日はいくつかトレーニングをご紹介したいと思います。

※但し本来は動画で動作を撮影して、様々な評価をしてトレーニングを

カスタマイズしていきます。

写真①サイドプランク     ②オーバーヘッドトレーニング③斜めのコアトレ

 

写真①~③は全て様々な用途に適してコアを鍛える体幹トレーニングです。

このトレーニングで重要になるのは体勢が違うということです。

同じ体勢で行うと刺激が一定になり過ぎてコア強化には繋がりにくいのです。

様々な体勢で行うことで刺激に変化を与えています。

①はサイドプランクの状態から片足で支えてプルマシーンを使用しております。

コアでコントロールするには何かを持つことはとても重要になります。

②はオーバーヘッドでのトレーニング、負荷を持ちながらスクワットの姿勢をとります。

この時背部が丸くならない、腰が反らないようにコアを意識します。

ある程度の重さがあることで体幹を意識しやすくなります。

③は対側の運動です、腹部特に腹横筋や腹斜筋を使ってのトレーニング。

この動きはゴルフではとても重要です。身体は基本対側で動く動作が多くどちらかを伸ばすと

反対を収縮するという仕組みが身体にあります。

その動きを正しく行うことでゴルフのスイング時の体幹が安定することになります。

是非、コア筋の強化は必須です。ゴルフスイング上達に体幹を強化しましょう。

 

ゴルフスイングの事や、身体の使い方、飛距離向上でお悩みの方

気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sport.com

asuka-junior.com

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)