タグラグビーの魅力について 第2弾 運動神経向上に!!

タグラグビーの魅力の第2弾です。

今日は競技のルールなどについてのお話と

競技の特性についてです。

 

私がタグラグビーをスクールで始めようとしたのは

この競技が小学生の時に行う運動としてとても素晴らしい内容の

運動動作が多く含まれていることがあげられます。

①ステップ動作などの方向転換動作

②パスをする上半身と下半身の連動動作

③走るのに、様々なスピードの緩急を使う動作

④相手のタグをとるときの反応による神経系の運動

⑤チームで行う為の戦術や様々な動作、地面のボールを拾う、

パスをする、ディフェンス動作、相手を追いかける動作による

他の競技での活用動作

 

このような動作がタグラグビーには存在します。

実際にタグラグビーを行っている選手の多くはは

運動動作を多くマスター出来る為に、中学生になって他の競技に

移行してもその動作が活用できるケースが少なくありません。

その為、関東では多くの小学校で採用されている競技でもあります。

 

子供の時には多くの動作スキルを覚えることでその後の

競技パフォーマンスに影響すると言われています。

走るだけでなく、追いかける、方向転換、パス、ボールを拾う、タグをとるなどの

動作は手と足を連動することが多く行うことが出来ます。

 

昨今のジュニア世代のスポーツ選手では連動動作が出来ないお子様も

少なくありません。

例えばサッカーで走る時もボールをキックするときも腕、肩、胸の関節を

ほとんど使わない選手が少なくなく、その結果、中学生~高校生の頃に

グロインペイン症候群になる選手も少なくありません。

 

またテニスでは上半身でしか振らない為に、膝のオスグッド、腰椎分離症になる

選手も少なくありません。

 

野球でも投手でほとんどを上半身で投げる為に、肘、肩の障害になる投手も

多くみられます。

このように上半身と下半身の連動動作がスムーズに行われないことで

身体への怪我を伴うことにもなります。

その上でもタグラグビーでは上半身と下半身を連動する動作が

多く含まれている為に、中学生になってからの怪我リスクを軽減することにも

なります。

 

また、運動神経と言われる反応がとてもよくなります。

それはタグをとる動作にあります。

走ってくる選手のタグをとることで相手のプレーを止めることが反応と呼ばれる

運動神経を向上することに繋がります。

 

これも手と脚を使って相手を追いかけるのでただ脚だけではなく、

上半身と下半身を使うことで連動動作の一環になると思われます。

昔は鬼ごっこなどで子供は相手を追いかける動作で

様々な身体の使い方を覚えました。そのような要素を含んだ遊びごころも

ある競技と言えます。

ですから男女差がほとんどなく、低学年のお子様でも楽しむことが出来るのが魅力です。

 

タグラグビーから様々な競技に発展していけるものだと私は思います。

タグラグビーに興味がある、運動神経をもっと向上したいと御考えの親御様

気軽にお問い合わせください。

4月19日(日)

26日(日)木津川市の城址公園で体験会を開催いたします。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です