お腹周りを痩せるには、視点を変えてみてください、意外にも背中の筋肉がカギになります。

トレーナーのノジです。

今日は昼からお墓まいり。

僕は毎月お墓詣りに行きます。自分のご先祖さんだか

ら、そして自分の家族だから毎月行きます。

自分の唯一の家族でご先祖さまです大切にしたいと思っ

ています。

今日はお腹周りを痩せたいって要望すご~い多いです。

そのためには背中の筋肉がカギってお話しです。

結論からいうとお腹周りのお肉を痩せる方法って、背中

の筋肉を強化する必要があります。(専門的にいうと

僧帽筋の中部・下部・前鋸筋を特に!)

おなかのお肉を痩せるのなかなか難しいって思われが

ち。だいたいは、お腹の腹筋だけを頑張る。

間違いではないのですが、その腹筋の動きが悪いと効率

がよくありません。

カラダって表裏一体です。

お腹の反対側は背中や腰、お尻。

この部分結構見逃されています。

お腹を痩せるには、まず背中の筋肉を強化する事を僕は

お薦めします。お尻や腰も重要ですが、お尻は以前から

回もブロクでご紹介させて頂きましたので。

背中の筋肉は姿勢を維持するのにとても重要です。

猫背の原因や腰痛の、肩コリは背中の筋肉の強さと

柔軟性が欠如しているのが原因です。

dsc_0837

ですから、カラダは普通に生活していると前かがみにな

りがちです。

背筋部を強化しないとら腹は前かがみの 状態の為、

縮んだ状態にずっとなります。

これでは筋肉が縮んだり伸びたりする事ができません。

筋肉は伸びたり縮んだりする事でエネルギーを発散しま

す。

しかし、伸びづに、縮んだ状態が慢性化するとなかなか

お腹の筋肉を効率よく 使う事ができないのです。

これではなかなかお腹の腹筋運動を何回おこなっても

効果があがるのにとても時間がかかります。

特に年齢が経てば経つほど、筋肉が硬くなり

きちんと収縮する事を出来ません。

それを解消する為には少し視点を変えましょう。背中の

筋肉を使う事で前かがみになる姿勢を変えましょう。

そうするとお腹の筋肉を使いやすくなります。

姿勢の不良はダイエットの妨げになります。

背中の筋肉を強化し柔軟性があがればより腹筋運動をす

る際にも腹筋を効率よく動かすことができ結果、

お腹周りのダイエット効果はあがります。

img_0430

斜め懸垂もいいですね

カラダは表裏一体ですので、少し視点を変えた

ダイエットでお腹の引き締めにチャレンジしてみては

どうでしょうか。

今日のお話しはおしまいです。

iPhoneから送信

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)