走るってジャンプの連続です。 速く走るならジャンプ力が必要です。

奈良市のあすか鍼灸整骨院院長の野島竜一です。

捻挫、肉離れ、骨折専門のリハビリ専門の整骨院。

今日はトレーニングのお話し。

当院はジュニア選手専門のトレーニングを行なっています。

ジュニア世代で一番多いニーズは速く走るということです。

しかし、速く走るには何が必要かを知る事が必要です。

走るということはジャンプの連続。

両足が地面に同時に接地する事はありません。

だから、片足ジャンプのチカラが重要になってきます。

また、走るスタートダッシュの際はカラダ全身を使った練習が必要です。

スタートするときは全身のばねが必要です。そのばねをジャンプするときでもそうですが

地面に対して伝えることが必要です。

速く走るための筋力向上!

速く走る為には、筋力向上が必須です。

”臀部、ハムスト、内転筋をいかに強化出来るか。”

”それと同時に上半身の力を使えるか。”

ジャンプ力は下半身だけと思われがちですがそれは違います。

世界のトップ選手の上半身を見てみるとよくわかります。

サッカーではクリスティアーノ・ロナウドや陸上ではボルト、皆凄い上半身を手に入れています。

速く走る為のジャンプ力を作りだすには

下半身だけでなく強い上半身が必要です。

ジャンプ力アップ4⇒走力アップ⇒競技パフォーマンスアップ

ジャンプする際のエネルギーは、

上半身・体幹・下半身が上手く連動したときに大きな力になるのです。

走力・ジャンプ力はどの競技にとってもとても大切かつ

不可欠です。

競技のテクニックだけでなく、基本的な動きの一つ一つ(走る・飛ぶ・腕を振る等)

に目を向け、強化しましょう。

自ずと競技のパフォーマンスアップに繋がります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)