ジュニア期の身体の硬いお子さまに最適な柔軟法!!

あすか鍼灸整骨院、asukaトレーニングクラブのトレーナー兼

治療家の野島竜一です。


10月も半ばもうあと2ヵ月半で今年も

終わりです。ジュニアアスリートの選手は

ここから大きな試合が待っています。

最後まで自分を信じてプレーしてほしいです。

まず自分を信じることだと思います。

自分を信じることでプレーも変わります。


今日の投稿テーマは柔軟性。

お子さまで身体が硬いのでっというお話よく

聞きます。身体が硬いのは男子と女子では

やや男子の方が筋肉の問題で少し硬いかも

しれません。しかし、カラダの硬いのが何故

プレーや日常にあまりよくないのか。

それは筋を固めてしまい、筋自体を弱くするためです!

筋の特性として長時間同じ姿勢が続くと筋は

その状態を記憶してしまいます。

あまり伸ばさない筋は筋自体がそれが正常だと

思い伸びない筋となります。

この状態が長期間続くと関節の動き自体が

あまり曲がらない、伸びないという状態になります。

これでは筋は年を重ねるとだんだん伸張性が

なくなり弱くなります。それが怪我につながるのです。


ジュニア期ではどういう柔軟性が有効なのでしょうか。

静止した状態でのストレッチはあまり効果は少ないかも

しれません。できれば筋肉をしっかりと伸ばす・縮めると

いったストレッチ法がいいと思われます。

ダイナミックストレッチを足首、股関節、胸椎と意識して!!

ではどの部分のストレッチをおこなうべきなのでしょうか。

私が推奨するのはまず、足首です。

image1-12

↑足首はしゃがむときや走るときなど非常に地面からの

衝撃を支える部分となります。この関節が硬いと

膝への大きな負担になります。

image1-10

↑股関節は完全にお尻が地面につくくらいの柔軟性が

理想です。競技によっては非常に低い状態までしゃがむ

動作を求められる場合があります。そのとき股関節が硬いと

DSC_0606

↑のような膝が内側に傾いた状態でしゃがむことに

なります。これでは膝や股関節の怪我につながりかねません。

pixta_26373612_s

ラグビーやサッカー、バトミントン、テニスなども

非常に低い姿勢を求められる競技の一つといえます。


最後に胸椎の柔軟性です。

Young woman playing badminton over white studio background

このようにテニス、野球、バトミントンなど回旋系のスポーつでは

胸椎の回旋が非常に重要になってきます。

胸椎(胸の部分です)

この関節が硬いと腰への負担が大きくなります。

胸の関節は非常に動きの高い関節です。

しっかりと動かして柔軟性を高めましょう。

img_1258

↑このような胸椎を動かすストレッチを行いましょう!!


身体の硬いのは普段使っていないだけで動かせば

どんなお子さまでも柔らかくなります。

後はどの筋や関節をしっかりと動かすことが

競技や日常で活きてくるかをわかっていただければ

柔軟性のある身体は自分の競技パフォーマンス向上や

怪我を予防することに繋がります。

お子さまの身体の柔軟性についてご質問など

ありましたら気軽にお問い合わせください。

0742-22-0120

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

asukaジュニアトレーニングクラブ 野島

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)