ジュニアトレーニング、卓球でのレベルアップ向上。横の動きをマスターしよう!!

今日のトレーニングはジュニアトレーニングシリーズの卓球です。

当クラブには卓球の選手も多数来られます。

卓球は年々日本にジュニアのレベルもあがり小学生でもかなりレベルの高い

選手が多くみられます。

しかし、卓球ではなかなか動きが遅い、速く動けない、特に横の動きへの対応が出来ないといる

意見を頻繁に聞きます。これは高校生レベルでのレベルでもお悩みとして聞きます。

 

卓球台はそれほど広くありません。横に動くといっても左右2mづつ動ければ充分です。

しかし、この2mをいかに速く動けるかはその後のレシーブなどに大きく影響します。

実際に都道府県の上位にくる選手はこの横の動きが速いのです。

縦の動きはそれほど大きくはありませんが横の動きが出来るとラリーの際に自分の

一番ベストな状態でレシーブを行うことが可能になります。

 

では、実際に横の動きを改善し、スピードアップするには

①体幹の強さ

②シャッフル動作の強化

③足裏の感覚強化

この3点が重要になります。

横へ移動するということは、例えば右に移動するには左足、臀部で地面を

押す必要があります。また、地面を押すには足裏の3点の感覚が重要です。

母指球、小指球、踵の意識が。

地面を押すときにこの3点で押さないと実際には地面に強い力を伝えることは出来ません。

また地面を押すのは脚というより臀部の股関節という意識が必要です。

太もも前面だけが太くなっている選手を見かけますが、これでは

強く踏むことは出来ません。この地面に押すことが出来ることが最優先です。

踏む意識が出来ることで、次にシャッフル動作を覚えていきます。

 

①②足裏のトレーニング

足裏を強化するには、どちらというと両足より片足でのトレーニングをお薦めします。

特に最初は裸足で行うことをお薦めします。

又、足裏にここの写真①②では紹介していませんが、チューブを足裏に挟む方法も

いいかもしれません。足裏に何かを挟むことで足裏の感覚を更につかむことにつながります。

 

③④四股トレーニング(体幹強化)

次に体幹部分の強化ですが、片足で支えながら空中で片足をあげる

四股をお薦めします。

しっかりと片足で支えれる強さをつくるには四股が有効です。

地面を押す感覚もわかりやすく、地面をしっかりと垂直方向に身体全身で押さないと

この体勢で支えることは難しくなります。

 

⑤シャッフル動作

最後にシャッフル動作になります。

この動作では地面を体幹、股関節、足裏でしっかりととらえることが

重要です。しっかりととらえることで横方向への移動がとてもスムーズになります。

この練習を反復することで

横への移動は飛躍的に向上します。横へ速く動けることで

自分のベストなポジションでレシーブを打ちかえすことが出来ます。

 

是非、卓球での競技力向上でお悩みの親御様、気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-junior.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)