ジャンプ力向上の為のトレーニング、バスケ、バレーボール、フィギュアスケートの選手必見!!

今日は昨日からのつづき、後編です。

ジャンプ力を向上する為のトレーニング、膝をどれだけ伸ばせるか。

そして地面をいかに強く押すか。このポイントについてです。

 

ジャンプ力を向上するには、強く押す力が重要になります。

しかし、この強く押すには地面を捉える足裏の感覚がとても大切です。

地面を押す為には、足裏で特に3点支持が重要に。

次に、地面を押すには膝を強く伸ばそうとすることがポイントになります。

①ジャンプの時の膝の動作

写真①ではジャンプの時の膝の動きです。

膝が完全に伸展することで、高いジャンプを可能にしています。

この膝を伸ばしきることが、とても重要になります。

 

この伸ばしきることが、トレーニングでは重要になります。

②③トリプルエクステンション

写真②③ではトリプルエクステンションを行います。この時に重要になるのは

膝を速く伸ばすことです。ゆっくりだとジャンプ力には効果がありません。

地面を踏んで一気に膝を伸ばして足首、膝、股関節を伸ばします。この動作が行えることで

身体を上方へ押し上げることが可能になるのです。

このトリプルエクステンションを繰り返し行います。ただ、身体が前方に流れたり

後方にのけぞる動作は地面を強く押していない為にジャンプ力に密接しません。

 

ジャンプ力向上には、この膝を速く伸ばしきることが肝心です。

又、この動作の補助として胸椎をすべて伸展した状態で行うことです。

胸椎が伸展していないと、この動作でも身体のバランスが崩れて上方への押しあげに繋がらないと

思います。

昨日の体幹の話と今日の部分がリンクして上方にあがることが可能になります。

地面を強く押すには、3点の感覚を掴みましょう。常に足裏の意識をすることです。

そして、地面を押す時に膝を出来るだけ伸展しようとします。

そして胸椎の伸展がくずれないことです。

 

④肩甲骨トレーニング

写真④では肩甲骨を寄せるトレーニングです。このトレーニングはうつ伏せでも

立位でも構いません。ただ、肩甲骨を寄せることを意識します。寄せることで

肩甲骨が寄ることで胸椎の伸展を維持することが可能になります。

 

これらのトレーニングを行うことで、肩甲骨を意識出来れば

胸椎を伸展したままジャンプ動作に入ることが可能になります。

 

ジャンプ力を高めることは競技でのパフォーマンス向上にも繋がります。

ジャンプ力のことでお悩みの親御様、選手の方気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

asuka-junior.com

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)