ジュニア期のスポーツ障害オスグッド病を予防するには、膝の使い方を改善することです!

あすか鍼灸整骨院、asukaトレーニングクラブのトレーナー兼

治療家の野島竜一です。


今日も土曜日は午後からジュニアトレ塾でレッスン。

今日は股関節の柔軟性と股関節の体重移動をメインに

行いました。少しでもカラダの使い方を覚えて頂くことで

怪我の予防とパフォーマンス向上に繋がればと思います。


今日の投稿テーマはオスグッド病。

膝のお皿のしたの部分が腫れて痛みがでる

障害です。

膝の使い方を変えることが必要です。

img_0382

 

膝の下の↑の部分が痛みます。この原因は過度の膝を構成

している筋の使い過ぎです。

大腿部の前面の筋を過度に曲げ伸ばしすることで

膝の下の部分に大きな負荷がかかり痛みとなります。

競技ではサッカー、陸上、バレーボールなど様々な競技で

おこりうる障害です、


オスグッドになった時、また予防するにはまず

足首の関節と股関節の柔軟性が大事です!!

オズグットは膝中心でしゃがんだり、膝をまげる動作を

過度に行った結果おきます。

本来じゃがんだりする際には股関節と足首の柔軟性で

行います。膝は曲がろうとして曲がるのではなく

必然的にまがるのです。膝中心の曲げる環境では

逆に股関節や足首はほとんど曲がっていません。

これでは膝を構成している筋が過度に緊張することに

なります。


股関節・足首の関節をしっかり使う練習をする

ことがオスグットを予防、改善することにつながります。

大腿部のストレッチを推奨する本などがありますが、

基本的な改善を行うにはどこでしゃがむのか、

腰を落とした状態をとるにはどの関節を使うのか。

それを改善することが先決だと思います。

DSC_0611img_1894

足首のトレーニング、股関節のトレーニング↑

このようなトレーニングをすることで膝への負担を

大きく減少することができます。

オスグットは膝の使い方を変えることで

解消できます。オスグットでお悩みの親御様やスポーツ選手の方、気軽に

お問い合わせください。


asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

asukaトレーニングクラブ

0742-22-0120

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)