パーソナルトレーニング、グループレッスンに求められる事って!!

奈良市のパーソナルトレーニングスタジオ・asukaトレーニングクラブ、

あすか鍼灸整骨院のノジこと野島竜一です。

日付3月16日(木)昨日もWBCで日本が

勝ちアメリカ行きを決定しました。おめでとうございます!

ここからはメジャー級の選手との闘いですね。

今日のお話しは

パーソナルトレーニング、グループレッスンで求められること。

パーソナルトレーニングやグループレッスンをされておられる

トレーナーの方やインストラクターに方、最近増えましたよね。

僕がパーソナルトレーニングをし始めた 

7年前は奈良でも珍しかったです。

でもレッスンで求められることって

クライアントさんによって様々ですが

僕が自分が実際にレッスンとかを受けて感じをお話しします。それは

クライアントさんに沢山の修正をかけないの方がいいと

いうことです。

確かに最低限のカラダの修正は必要ですが

1回のレッスンであまり多くの修正を

求められるとレッスンそのものが面白くありません。

また、人間がそんなに沢山の修正を

一度で可能かどうかが疑問です。

完璧に行うことを求められるよりも

少ない修正でいかに自分でその修正ポイントを意識できるか。

また、自分の出来ているのは何処か。

ダメ出しばかりはなかなかやる気がおきにくいのでは。

僕は自分が実際に色々なレッスンやセミナーで教えて頂いたときの

感想です。

これはグループでもパーソナルでも同じかも。

後はわかりやすい表現で伝えることが重要かもしれません。

これがなかなか難しいのですが、僕もいつも悩みます。

出来るだけわかりやすい表現を心掛けたいと思っています。

あくまでも僕の感想です。

今日のお話しはおしまいです。

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)