競技での方向転換で重要になるのは、足の着き方が重要です!

pixta_593601_s

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

羽生選手が見事オリンピックで金メダルを

おめでとうございます!

凄い精神力があったと思いますね。

本当に感動をありがとうございます。

 


 

今日の投稿テーマは

「方向転換」についてです。

 

野球、サッカー、バスケットボール、ラグビー、アメフト

などでは素早い方向転換は競技において要求されます。

しかし、この方向転換はケガをしやすい

動きでもあり、身体の使い方を間違ってしまうと

怪我にもつながり、方向転換も速く行うことが

難しくなります。

 

この方向転換をスムーズに行い、また速く怪我の無いような

動きをするには方向転換の動きをきちんと習得することが重要です。

 


 

進行方向の足を先に着地させる

 

方向転換をするときは

特に完全に逆方向に進むときを

今回は限定した動きについて

お話しします。

 

完全に逆方へのターンオーバーをする際には

ターンオーバーする際に先につく足が進行方向側の

足から先につく必要があります。

 

ターンオーバーする際に進行方向側と反対側の足から

着地しますと一度、その地点を起点そとして進行方向側の

足に一度体重をかけないと動くことが出来ません。

しかし、進行方向側の足を先に着地することで

その体重を一度移動する時間を短縮することができます。

反復横跳びなどはその要領で動くととても素早く

動くことが出来ます。

 


 

膝の怪我予防にも繋がります。

 

また、進行方向側の足を着地することで

体重が進行方向側に無理なく移動できる為に

膝への負担が大きく減ります。

しかし、進行方向とは反対側で着地した場合

スピードが外側に動きやすくしっかりと股関節で

踏み込んでいないと膝を剪断や回旋することに繋がります。

この状態は膝の前十字靭帯損傷などの大きな原因ともなります。

進行方向側の足を着地することは、ケガを予防することにも

大きく繋がります。

 


 

方向転換はターンオーバーする競技では必ず

必要になります。

速く方向転換できることは

競技の勝敗にも大きな影響を及ぼすことにもなります。

是非、しっかりと効率のよい動きで

怪我を予防し素早い方向転換をできるように

練習しましょう。

進行方向側の足から着地することをお薦めします。

 


 

方向転換、ステップ、カッティングの

専門トレーニングを行っております。

競技でもっと速く方向転換をお考えの選手や

親御様気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレーニングクラブ

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です