専門トレーナー多数在籍中!

ランナー膝を治すトレーニング。腸脛靭帯の痛みを改善。 リハビリトレーニング
身体の使い方指導
パフォーマンスアップ!

ランナー膝を治すトレーニング。腸脛靭帯の痛みを改善。が原因で、試合に出れない、練習ができない...

ランナー膝とは、膝の屈伸運動が繰り返し行うことにより、太ももの外側にある腸脛靭帯が大腿骨の外顆に過剰に 接触することで炎症がおき、膝の外側~太もも外側に痛みがはしります。

  • 膝の外側が痛い。
  • 太ももの外側が痛い。
  • 走ると膝の外側が痛い。
  • 屈伸運動で膝の外側が痛い。

代表野島 竜一

資格:柔道整復師・鍼灸師、NASM-PES、FMS認定トレーナー、TRX認定トレーナー、DNS認定、PRI認定、EXOS Phase1認定、MAストレングス レベル1

今まで奈良市を中心に関西近郊で延べ8,000人以上のスポーツ障害に携わり、様々な競技選手の治療・トレーニングを行ってきました。
その経験を活かし怪我をしない身体づくり、怪我からの早期回復する為の動作修正を指導させていただいております。
スポーツ外傷専門ドクターとの提携し、MRIやレントゲンなどの画像診断や超音波エコーでの画像診断を行い正確な外傷の状態を患者さまに把握して頂き今後の現場復帰や怪我からの早期回復の計画をたて治療にあたります。
また、当院では身体の関節や筋肉の評価を行い外傷を起こした原因を日常の動作から判断し根本的な動きの改善を同時に行い、今後同じ外傷で患者様が苦しまない治療を行います。

当院の指導・トレーニング内容

1ランナー膝を治すトレーニング。腸脛靭帯の痛みを改善。の
痛みの改善

ランナー膝は走るフォームやジャンプする際の動作に問題があります。足首と股関節をうまく使わない為に膝に過度なストレスがかかり炎症がおきます。リハビリとしては中殿筋の強化と股関節の可動性などを中心としたリハビリを行います。。

2スポーツ障害の予防

奈良市で唯一のスポーツ外傷トレーナーがいる当院では、専門的な知識でカラダの柔軟性やカラダの使い方の定期的テストも行い、フィジカルチェックなども行っております。 また、当クラブトレーナーによるケガの予防や親御様のニーズのご相談を定期的にお聞きさせて頂いております。

3専門トレーナによる
トレーニングメニュー

当クラブではトレーニングのクラスは設けず、ジュニア選手のお子様の年齢、部活、競技に応じてトレーニングメニューを作成しております。 お子様の育成を阻害しない程度の負荷で最高のパフォーマンスが出来るようにトレーニングを組んでおります。

4技術レベル・機能の向上

競技に必要な反射能力・バランス能力・身体の使い方など体幹部分を意識してトレーニングすることで競技レベルが飛躍的に向上します。 野球専門・足が速くなる・競技別体幹トレーニングレッスンなど、どのでも競技でも対応できる専門トレーナーがプロを目指す。

当院の3つの強み

痛みの原因の根本解決を行います

実は膝を怪我・捻挫される方の90%以上は膝以外の関節に機能障害があります。膝関節の場合、足首の関節可動域や足首の機能、又は股関節の機能動作を確認する必要があります。当院ではまず、各関節の機能に問題があるかどうかを評価・テストします。

全トレーナーが動作改善のスペシャリスト

導かれた評価・検査から動作不良を起こしている部分の治療・リハビリ・トレーニングのゴール設定します。
短期・中期・長期的なプラン作成し、ゴールに向かって専門トレーナーが痛みが起こるリスクを最大限減少させます。

専門のトレーナーによるトレーニング指導

まずは健康な身体を維持する目的を明確にしましょう。
競技・仕事・日常生活どれをとっても不健康な身体では身体は悲鳴をあげます。それにより痛みや怪我に繋がります。当クラブではその現象を自分で緩和するお手伝いをさせて頂きます。健康的身体づくり、ストレス解消、疲労回復は三位一体です。

お客様の喜びの声

40代女性 マラソンサブ4 マラソン歴5年 

マラソン大会に向けて、練習していると太ももの横が痛くなり 段々速く走れなくなりました。ネットで調べasukaトレーニングクラブさんに。 走り方を徹底的に分析して頂き、足裏の地面の接地や股関節の使い方に問題があり 改善して頂きました。2カ月すると痛みはほとんどなくなり、マラソンへ向けての 走り込みを出来るように。 今ではフルマラソンを4時以内で走ることが出来ています。

高校生 サッカー 17歳 親御様のご感想

サッカの冬の大会で太ももの横が痛くなり 病院を受診。その結果ランナー膝だと診断され知りあいの方が通っていた asukaさんに見て頂くことに。走るフォームがかなり悪くその部分を改善するとの 事でした。1カ月くらいで痛みは治まり走るフォームを週2回見て頂いたことで 試合に出場しても痛みはなくなりました。その後、走り方を教えて頂いてことで 足まで速くなり本当に良かったです。

高校生 男子バレーボール 1年 親御さまのご感想

高校にはいり練習がきつくなり、膝の外側から太ももの外側が痛くなり 病院にいくと腸脛靭帯炎とのこと。知り合いの方がトレーニングに行っていた asukaさんでリハビリをして頂くことに。 ジャンプする態勢や身体の硬さなどが原因で痛みが出ているとの説明。 その後動作を改善するリハビリを行い、痛みは完全になくなりました。 動きが変わることでこんなに痛みがなくなるのかと思いました。

治療の流れ

  • 問診 あなたの目的に合わせて治療・トレーニングのプログラムを作成します。
  • 動作評価・確認 数ヶ月ごとに動作評価を実施し現在の身体の姿勢や姿勢弱い筋肉・関節を把握します
  • 治療箇所の選択 導かれた評価・検査から動作不良を起こしている部分の治療・トレーニングのゴールを設定
  • 治療開始 短期・中期・長期的なプラン作成し、専門トレーナーが痛みが起こるリスクを最大限減少させます。

専門トレーナーによるトレーニング指導で
スポーツ外傷治療と、より高い技術力をサポートします。

ご相談・治療のご予約・お問合せはこちらから

【所在地】奈良県奈良市大豆山町5 近鉄奈良駅から徒歩2分
【営業時間】
月〜水・金曜 8:00〜12:00[最終受付11:45] /
月〜金曜 16:00〜21:30[最終受付20:45]
 ※水曜日のみ 17:00〜[最終受付20:45] /
土・祝 8:00〜13:00[最終受付12:30]