「鼠径部痛症候群」の記事一覧

pixta_42031199_s

スポーツ障害を考える。 鼠径部痛症候群(グロインペイン)を予防するにはお腹の圧を高める練習が効果的。

奈良市のスポーツ障害専門のあすか鍼灸整骨院、 パーソナルトレーニングスタジオの asukaトレーニングクラブの トレーナー兼治療家の野島竜一です。   今日の投稿は 鼠径部痛症候群(グロインペイン)を予防、改善…..

pixta_9424559_s

子供の走り方で内またで走る、腕が振れない、身体が揺れている、の治し方とは。

奈良市のあすか鍼灸整骨院、 ジュニア専門トレーニングの asukaトレーニングクラブの トレーナー兼治療家の野島竜一です。     今日は子供の運動会です。 運動会で気づくのは走り方です。 自分の子供…..

30739101

サッカーでの、怪我をしてからの治療ではなく怪我を予防する身体づくりが優先だと。

奈良市のあすか鍼灸整骨院、 asukaトレーニングクラブの トレーナー兼治療家の野島竜一です。     日本のスポーツ医療は欧米と比べて大きな違いがあります。 怪我をしてから治療、という流れが。 しか…..

pixta_5272691_m-1

サッカー選手による鼠径部痛症候群(グロインペイン)を改善するリハビリ方法。

奈良市のあすか鍼灸整骨院、 asukaトレーニングクラブの トレーナー兼治療家の野島竜一です。     鼠径部痛症候群(グロインペイン)を治すには。   最近毎年サッカー選手のお子様で 鼠径…..

pixta_33075294_m

小学生の競技選手で股関節の痛みは、きちんと股関節を伸ばすことで改善出来ます。

奈良市のあすか鍼灸整骨院、 asukaトレーニングクラブ、 ジュニアトレ塾KIZUGAWAの トレーナー兼治療家の野島竜一です。      (今日のトピックス) 現在インターハイの予選が終盤です。 当クラブでも多くの選手…..

pixta_11305381_s

サッカーでの股関節の痛み、鼠径部痛症候群を改善、予防には動きの体幹の連動動作が必要です。

奈良市のあすか鍼灸整骨院、 asukaトレーニングクラブの トレーナー兼治療家の野島竜一です。   今週から6月に入りますね。 梅雨入りももうすぐですね。 今年も暑くなりそうですね。 6月からは新型キャビテーシ…..