夏に向けて、引き締めボディになる為の筋トレ!!腹筋編

Young fitness woman lifting a weight crossfit in the gym. Fitness woman deadlift barbell. Crossfit woman. Crossfit style. Crossfit and fitness

あすか鍼灸整骨院、

パーソナルトレーニングスタジオの

asukaトレーニングクラブ、

ジュニア競技のパフォーマンス向上の

asukaジュニア体幹トレーニングクラブ、

ダイエット、ボディメイキング専用のトレーニングの

ボディメイキングスタジオasuka、crossfit asukaの

ストレングス&ムーブメントトレーナーの野島です。

 


 

5月も終盤に入り、気温も上昇です。

5月に入り、クロスフィットトレーニングの体験の方も増加中!!

当クラブは奈良で初めてのクロスフィットトレーニングボックスです。

リーボックHPにも掲載されております。

最初はクロスフィットも少し慣れませんが、慣れれば少しづつ体力、筋力もついていきます。

1回、2回、3回、と行っている内に慣れてきます。

慣れればなかなかクロスフィットも楽しく行えるとクライント様からのお声も頂いております。

是非、お友達、会社の同僚の方などでご参加してみてください。

crossfit asuka トレーナー野島

 


 

今日の投稿は

夏に向けて本格的に身体を引き締めダイエット、腹筋編

 

夏に向けて本格的にダイエットの季節になり、夏まで後2カ月くらいですね。

ここから夏に向けて引き締めボディにしていきたいとお思いの方、

お任せ下さい。ボディメイキングスタジオasukaで行っているお腹の引き締め

効果をあげる為のトレーニング方法のご紹介です。

 

腹筋を効果的に引き締めるには、腹筋だけを局所的に行いながら

全身運動も必要です。腹筋は斜めに走る腹斜筋と腹直筋で構成されています。

また、インナーマッスルと呼ばれる呼吸筋や腸腰筋も腹部を構成しています。

これらを効果的に鍛えて引き締った身体にするには、局所と全身との組み合わせが重要です。

 

 


 

腹部だけ行うのではなく、全身運動と併用しましょう

 

お腹の引き締め効果を高めるには、お腹のトレーニングだけでは

効果はあまり高くありません。腹筋をいくら何百回しても、お腹はなかなか

凹むことはありません。

これはお腹の腹筋の消費するエネルギーはそれほど高いものではありません。

また、腹筋をあまり回数を多くすることは逆に腰を痛める原因にもなります。

腹部を曲げるという行為だけでお腹が凹むわけではありません。

 

お腹を凹ませるには、全身の筋力を強化していくことが効果があがるのです。

それは腹部は身体のおおよそ中心部に位置していて、腹部を使わないで行う

運動はありません。これはお腹のインナーマッスルが活動して初め全身の筋が活性する

からであります。お腹の深層部は身体をコントロールする部分でもあります。

ですのでどの運動を行うにも腹筋は使います。

全身運動を行うことで腹部を多いに刺激することになります。

特にお薦めなのが身体を伸ばす運動です。

 


 

お腹を収縮させるだけでなく、お腹を伸ばすトレーニングを。

 

腹筋運動というとどうしても、お腹を収縮させる意識が強いかもしれませんが、

お腹を収縮させることだけを行っても現実的にはお腹をなかなか凹みません。

これは筋は弾性線維で構成されている為に、伸ばすことがないと収縮しません。

出来るだけお腹を伸ばそうとするばするほど、お腹の筋は戻ろうとします。

これが腹筋効果を高めることになります。

 

当スタジオで行っている同手同足運動のご紹介をします。

立って状態で右手右脚を伸ばします。その際に左の膝は90度くらい曲げて

身体を右側を出来るだけ伸ばしていきます。この際右手の平と足裏が出来るだけ

離れるイメージで地面を押して手は天井方向を押します。

この状態で左右20回づつ行います。簡単そうに思えまずが

身体を引き延ばすことはなかなか普段行わない為に、しっかりと伸ばすことで

身体の側面が伸び背中やお腹も伸びます。このようなトレーニングをまず行いながら

腹筋運動も行いましょう。

出来るだけ全身運動を行うことで腹部も伸びます。この伸ばした状態でトレーニングを

行うことが腹部への刺激を強めることになります。

 

身体を引き締めるには、身体全体を伸ばすことを行うメニューが必要です。

曲げる意識は普段からあります。しかし伸ばす意識は意外と薄いのです。

出来るだけこのような身体を全身伸ばすそれも出来るだけ目一杯引き延ばすことが

身体をより動かしやすい状態になります。

是非、身体をしっかりと伸ばして腹筋運動も行い、平行して行うことが

引き締めボディへと繋がります。

是非、身体を引き延ばすトレーニングをお薦めします。

これは手にダンベルなどを持つ事で更に効果が高くなります。

 


ダイエット、身体を引き締めでお悩みの方気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です