女性のボディメイキングトレーニング前編、引き締めボディの作り方。

img_2319

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

パーソナルトレーニングスタジオの

asukaトレーニングクラブのトレーナー兼治療家の

野島竜一です。

 


 

今週は少し週末は奈良は暖かいようです。

来週は成人式ですね。

昨日は高校ラグビーで大阪桐蔭さんが全国優勝を決められました。

おめでとうございます。

ラグビーも大会が大詰めですね、1月12日には大学日本一が

決定します。関西からは天理大学が。

今年は日本でラグビーのワールドカップもあり、楽しみですね。

 


 

今日の投稿は

2回に分けて女性のボディメイキングについての効果的なトレーニングについてです。

 

引き締めボディには、マシーンで一人で行うのではなく、パーソナルでのレッスンを。

 

最近ではモデルさんや芸能人の方でも積極的にボディメイキングを

されている方が少なくありません。

その大きな理由は、以前ならプールやマシーントレーニングが主流で

筋力をつけるというよりは健康を維持するといった形でした。

しかし、最近は筋力をつけて背中や腕、お尻、太腿が引きしまり

いかにもアスリートっぽい身体をつくる方が少なくありません。これは

トレーナーの大幅な普及とトレーニング理論の確立により、

正しい筋力トレーニングを行うことで、身体を引き締め演技にも

見た目にもかっこい身体をつくることが機能的な動きを伴い、仕事を

する上でも有効であるからだと思われます。

この傾向は非常にいい傾向だと思います。

 

以前からあるマシーントレーニングが悪い訳ではありませんが、

マシーンを効果的に使うにはその使う方に知識と客観的に

トレーニングを行える経験が必要になります。

また、パーソナルトレーニングスタジオでは自分では出来ない負荷も

補助をしてもらったり、姿勢やフォームをきちんと修正して頂けることで

出来ないメニューもこなせるようになります。

しかし、マシーンがいくら沢山あっても自分がどのマシーンを使って

どのようなメニューをすればいいのかを理解して行うのはなかなk

難しく、好きなメニューを自分で追い込まない程度の軽負荷で

行う傾向があります。これは私自身も大手スポーツジムで働いていた際に

感じたことです。これでは筋力をつけることは難しく、本当に

身体を動かす程度のトレーニングになってしまいます。

 

そこでボディメイキングを本格的に行うには

回数は週1,2でもどちらでもいいと思いますが、

専門のトレーナーが在中して、負荷をある程度追い込める施設や

走ったり、ジャンプンしたり動けるスペースがありクライント様を

導いてくれる内容のメニューが有効になります。

 

※当クラブでも週3回トレーニングをトレーナーで行いますが、

やはり誰かに導いてもらうと自分の出来ない回数や重りをあげることが

可能になることは多々あります。

 


 

筋トレを行うには、必ず動作確認をしてもらいましょう。

 

さあトレーニングを開始する前に行うことがあります。

それはご自身の動作確認です。プライベートレッスンの場合には必ず

自身の痛みの箇所の原因や普段の姿勢などをチェックしてもらうことが

今後のトレーニングで効果を高めるには不可欠になります。

ご自身の動作を確認することが無いのは危険です。まず、自分の

動作がどの程度出来るのか、どこの関節が硬い、強度が弱いのか、それを

まずご自身知ることが重要です。

自分の関節や体幹のどの部分が弱いかがわからないのに、

いきなり筋トレを行うことは危険といえます。身体の健康診断のような

ものですね。

 

ボディメイキングするには、まず、関節の柔軟性が必要になります。

この関節の柔軟性が無いとなかなか自分のトレーニングを行っても

効果が薄れてしまいます。

 

効果を高める為にも関節を柔軟にするトレーニングを行うことが

その後の身体の筋力を飛躍的に向上させることなります。

関節の柔軟性をまず行いながら筋力トレーニングを進めていきましょう。

 


 

筋力トレーニングと持久力を同時に行いましょう。

 

最近の研究で筋力トレーニングだけでエクササイズを行うよりも

持久力と高めるメニューを同時に行うことで筋はより活性することがわかって

います。

例えば、スクワット系の下半身のメニューのあとに、縄跳びを2分間行い、

またスクワットを行い、縄跳びを2分間行うメニューをすることで、

下半身の筋はより活性し、また筋持久力の能力も高まります。

このように、筋力トレーニングだけを行うより筋肉の使う部分がより

持久力と併用することで筋は活性しよりスリムな引き締めボディに

なっていきます。

筋肉をただ拡大するのではなく、ある程度のボリュームと引き締めを

行うには、筋トレと持久力系トレを併用することをお薦めします。

ボディメイキングは自分の理想の身体にもっていくトレーニングです。

やり方次第で身体はみるみる変化します。是非、お薦めです。

 


明日は、栄養の面と筋トレの具体的な行う頻度や自宅で

行えるメニューなどを踏まえた後編を掲載していきます。

 

ボディメイキングは自分の身体が変わるだけでなく、

様々な意識や考え方も変わり人生をより楽しくしてくれる

ものだと思います。ただキツイトレーニングだけではなく、いかに

自分を綺麗にかつかっこよくみせれるか。それは自分の自身や

生き方も変えてくれると私は思います。

 

ボディメイキングのことでお悩み、御相談の方は気軽に

お問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

ボディメイキングスタジオasuka

トレーナー野島

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です