中学生のサッカーで走っていての膝の痛みは、膝の使い方の改善で無くなります。

pixta_5272691_m-1

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

今日もジュニアトレ塾KIZUGAWAでした。

トレーナーも常に勉強です。

私がいつも思うのは、トレーニングを指導しているのではなく、

指導することで自分が勉強させて頂いている。

子供を教えることは、簡単ではありません。

しかし、子供を教えることは自分を見つめ直すことにも

繋がります。

子供から教わることは少なくありません。

毎回トレーニングを終了するとそう思います。

子供たちの笑顔、頑張っている姿に

学ばされます。純粋に物事に打ち込む姿に。

これからも子供たちの成長を少しでもトレーニングと

いう形でお手伝い出来ればと思います。

 


 

今日の投稿は、

中学生のサッカーでの膝の痛みについてです。

 

膝の痛みはオスグッド病が中学生では起きやすい障害。

しかし、ほとんどの膝の痛みの原因は、

膝の使い方を改善することで痛みは無くなります。

膝は曲げ伸ばしできる関節です。

しかし、膝が曲がるには膝のお皿を前方に出すような

曲がり方は、膝への負担を制止する組織に無理が起こります。

 

これではいつか膝を痛めることは明確です。

特にサッカーの競技の特性からキック動作、走る動作、

ステップ動作、ターンオーバー動作と膝を曲げることが

非常に多い競技です。

これを膝のお皿を前方に押し出すような曲がり方ではなく、

逆に引くような動作が必要になります。

 


膝を後方に引くことで膝の負担は減少します。

pixta_30324504_s

上記の写真①ではゴールキーパーがボールを蹴る瞬間です。

この時に左の膝を見てください。

つま先より膝のお皿が前方には移動しておらず、

逆につま先よりかなり後方にあります。

これはお尻の筋肉と太ももの裏の筋肉で支えています。

これが膝への負担を大きく減らすことになります。

 

実際には膝は後方には移動していないのですが、

イメージとして後方に移動させる感じで蹴ることが重要です。

これは走る時も、ステップ動作でも同じです。

膝は後方に移動させるイメージで動くことで

膝のお皿を前方に押し出すことを抑えます。

これを習慣的に行えれば痛みはなくなります。

 


 

動きが変われば、競技レベル向上に。

サッカーでの動作で膝を前方に押し出すのではなく、

後方に置いておけるようになることで、

ボールをける時にも大きな力が発揮することができます。

止まる動作を行うには膝のお皿は前方に無い方がいいのです。

膝を前に出さないことがしっかりと地面を踏む事に

繋がります。これが競技力に大きな力になります。

地面をしっかりとらえる事で、走るスピードは

今まで以上に向上します。またステップ動作やターンオーバーの

スピードアップになります。

膝の使いかたは競技において生命線とも言えます。

それだけ膝はとても重要です。

膝の使いかたを習得して膝の怪我予防と競技力向上に

繋げましょう。

 


 

中学生のサッカーでの膝の痛み改善、競技力向上で

お悩みの親御様、選手の方、気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレ塾

asukaジュニアトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です