陸上の短距離でふくらはぎの痛みは、地面をかくような動作を改善することが必要です。

pixta_1833974_s

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

パーソナルトレーニングスタジオ、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


今日はトレ塾KIZUGAWAでの活動です。

ジュニア期のトレーニングでは

コーディネーショントレーニングを中心に

様々な感覚を養うトレーニングを行っております。

 

興味のある方は気軽にお問い合わせください。

0742-22-0120

トレーナー野島まで

 


 

陸上での短距離でふくらはぎが痛いのは

地面をかかないようにすることが重要です。

 

今日の投稿は陸上でのふくらはぎ(腓腹筋、ヒラメ筋)の

炎症や肉離れ予防についてです。

陸上の短距離選手では、ふくらはぎ、太ももの裏(ハムストリングス)の

肉離れは非常に多い怪我です。

痛みがなくなっても、走り出してスパイクで全力で走ると

痛い、という症状は少なくありません。

 

この原因はいくつかありますが、もっとも多いのが

走る時のフォームです。特に地面を押す感覚ではなく

かくような感覚。この地面をかいてしまうと足は後方に

流れ肉離れを発症しやすくなります。

特に短距離の場合、非常に大きな力を発揮する為、

ふくらはぎに大きなストレスがかかってしまいます。

これを改善するには、かかない走り方をマスター

していくのが効果的だと思います。

 


 

股関節をしっかりと動かして踵がお尻につく感覚で走りましょう!

 

走る時に、股関節をしっかりと使い、踵がお尻に近づくように

走ることで、ふくらはぎへの負担を大きく減少します。

img_2008

上記の写真をみて頂くと

わかるように股関節がしっかりと曲げて踵が臀部に

近づいているのがわかると思います。

このように地面をかかないように動くことでジャンプ動作でも

速く動くことを可能にします。

走る時にも、同じように速く走るには足を後方に流れないように

するには地面を押すイメージが必要です。

地面を押すイメージで走ることで足が後方が流れるのを

防ぎます。

img_2110

上記の写真のように地面を斜め下方向におすことで

ふくらはぎへのストレスを軽減し尚且つ走る速度を

速めることができます。

 


 

地面からの反発をもらいましょう。

 

走るには、地面からの反発をもらいながら

前方に進んでいきます。

地面をかく動作は地面の反発をもらう力を少なくします、

しっかりと反発をもらえるようなフォームで走ることは

結果として、肉離れの軽減とスピード向上になります。

股関節をしっかりと使って走ることを意識して

地面反発をもらえるようなフォームを私はお薦めします。

 


 

陸上で太ももの肉離れやふくらはぎの肉離れや

痛みでお悩みの選手、親御様気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です