姿勢を矯正することで、五十肩は改善されます。背中の筋を強化しましょう。

itami

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 

姿勢矯正、バランス整体、

競技力向上トレーニング、リハビリ専門施設で

活動しております。

 


 

今日は朝からトレーナーとして

テーピングを巻きにいっていました。

テーピングもきちんと活用すれば

障害予防に繋がります。

テーピングも使い方次第でリハビリにも

固定にもなりますよ。

 


 

今日の投稿は姿勢矯正での五十肩を

改善する方法です。

 

背筋をどれだけ意識できるかが鍵です。

 

五十肩は肩関節周辺の肩の痛みの通称名です。

年齢的には30代~60代に一番多く発症しています。

この原因は多くは不良姿勢によるものだと

私は思います。

 

特に、現代では姿勢が崩れる傾向の要素も多くあり

年齢が30代くらいから発症するケースも少なくありません。

この大きな原因は身体のバランスの問題(姿勢)です。

姿勢のポジションが崩れることで五十肩になります。

問題を間違えないでほしいのは五十肩になるから、

肩を治療するれば治るという考えです。

肩を痛めた原因は身体のアンバランスな姿勢が

筋のバランスを崩し、可動範囲を狭くし、

特定の動きしか行わない為におきます。

この原因を解決するには部分的な木では

なく、身体全体という森を見なければなりません。

その中で一番大きな原因が背筋の脆弱化にあります。

 


 

自分が考えている以上に背筋は弱くなってます

 

背筋は本来は非常に強い筋肉で大きな筋です、

またこの背筋は脊柱のアライメントを正しくするには

不可欠です。この背筋は普段姿勢を意識しないと

日々使わなくなり背中が丸くなったり、肩が前方に

移行したりします。

dsc_0837dsc_0835

上記のように背筋が弱くなることで肩甲骨を下にさげたり

寄せることが弱くなります。

そうすることで肩甲骨が上方にあがり肩は前方に移行します。

 

dsc_0829dsc_0823

上記のように背筋を意識することで肩甲骨は正常な位置に

戻り、背中自体も丸くなったり肩が前方に行くことを

防いでいます。

これを作り出すには背筋なのです。

姿勢を維持するには背筋が非常に重要な役割をしています。

ですので背筋を強化することが姿勢を改善し五十肩を

改善することに結果繋がります。

 


 

普段の姿勢から、背筋を強化する時間を持ちましょう

 

背筋を強化するトレーニングはたくさんあります。

しかし、このトレーニングしたことを普段の日常でも

更に意識することが重要です。

背筋を意識する時間を1日で出来るだけ多く持ってください。

気が付けば背筋を意識して生活する。

pixta_20038587_m-1

上記のように、肩甲骨を自分で寄せて床方向に下げる

運動でもいいと思います。

これを1日何回もしてください。

気が付けばこの背筋を意識する。この意識して行うことが

いづれ無意識でもおこなうようになります。筋は形を記憶してくれます。

筋肉にはそのうような性質が存在するので、その性質を活用しましょう。

 

是非、五十肩でお悩みの方、まず姿勢を意識して治しましょう。

そしてその為に背筋をしっかりと動かして使うことを

お薦めします。

 


 

当クラブに通われている患者様は

運動療法にて五十肩を改善させれいます。

五十肩でお悩みの方、気軽にお問い合わせください。

明日はジュニア選手のオスグット病についてです。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

asukaジュニアトレーニングクラブ

asukaトレーニングクラブ

0742-22-0120

トレーナー野島

 

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です