小学生の足が速くなるには。 第2回 姿勢の強化。

pixta_17501595_s

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。


 

今日は大学のラグビーの日本選手権で

明治と帝京大学戦。

最後まで凄いいい試合でしたね、

明治の徹底した攻撃姿勢は感動しました。

キックに頼らないどこからでも攻撃する姿勢は

ラグビーの原点のうような試合でした。

 


 

今日の投稿テーマは

小学生の足が速くなるには。

第2弾 姿勢を強化しましょう

 

最近は子供の遊びも変わりゲームやスマホや

PCなどで遊んだりすることが多くなりました。

その為過度の猫背になりやすくなっています。

 

また、鉄棒やうんていのような背筋を意識する

器具での遊びも減少しています。

その為、背筋と腹筋を構成する筋肉のバランスが

崩れている子供が少なくありません。

このバランスの崩れは股関節や肩関節にも

大きく影響します。

昨日のblogでも

小学生の足が速くなるには。第1回 腕の振りを変えよう!!

記載しましたが、腕の振りを構成しているのは肩から背中等です。

この腕の振りは股関節にも大きく影響することを

ご説明しました。

背筋が付着しているのは骨盤です。

この骨盤から股関節は連動しており

この筋の活動が低下することは

股関節の動きを低下することにも繋がります。

これが走る時のスピードに大きく影響するのです。

 

 


 

正しい姿勢をつくるには背筋を意識しましょう

 

正しい姿勢をつくには

まず背筋を意識することが必要です。

腹筋も背筋もバランスが重要です。

しかし、人間は前には重力の関係や進む推進力の為

どうしてもカラダが前のめりになりやい傾向にあります。

逆に背筋を意識して背中を立てようとする後方を

意識することはどうしても苦手意識があります。

それは現代社会ではなおさらです、

ですので最初は意識的に背筋を使う練習を

する必要が効果的だと考えます。

img_1958img_1959

上記の写真のように背中を少しでも意識して

動かしから歩行や走る練習をしてみてください。

最初はぎくしゃくしますが、

背筋を使うことが出来てくるとこの姿勢で

走ることが足の回転をあげることに繋がるのが

実感して頂けます。

是非、姿勢を強化してみましょう。

姿勢は筋肉や関節を正常な力を発揮するには

非常に重要です。

明日からはカラダの使い方が及ぼす競技や日常の

整形外科疾患についてのblogを掲載していきます。

是非、参考にしてみてください。

 


 

お子様の足を速くしたい、

走る姿勢を強化したいとお考えの

親御様、気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です