小学生の足が速くなるには。第1回 腕の振りを変えよう!!

02acb48f5167b5b2cd40b05c8e7ef4f6_s

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

今日から3連休ですね。

ラグビーは明日高校も大学も

選手権の決勝です。

高校は大阪対決ですね、

大学は関東対決です。

是非、悔いの残らないように頑張ってほしいです。

 


 

今日の投稿テーマは

小学生の足が速くなるためにはの第1回です。

1回目は

腕の振りを変えてみよう!!

走る際にスピードを速くするには

様々な要素がいります。

その要素をクリアすればどんな小学生でも

足は速くなります。

しかし、ほとんどの小学生は

自分の天性だけで足が遅いと決めつけて

いまします。

しかし、これは大きな間違いです。

速くなるのはそれほど難しいことではありません。

しっかりと速くなるコツを習得すれば。

特に腕の振りはあまり意識されていません。

しかし、速く走るにはこの腕の振りが

非常に重要です。

腕の振りの速さは股関節の動きと連動します。

ですから腕の振りが速くなることで

確実に足の回転も向上します。

 


 

肩を支点に出来るだけコンパクトに

pixta_6274253_s

速く走る為には腕の振りをいかにコンパクトにして

素早く回転さるか。

この腕の振りを可能にするのが手首のスナップです。

手首に力が入り過ぎていると腕から肩にかけて無駄な

りきみが生じます。この力みを解決するには手首を

出来るだけ力を抜きスナップさせます。

そうすることで腕や肩の力みを軽減することができます。

この力みをとることが腕の回転速度を向上することに

繋がります。

 


 

 腕を速く振るには肘を曲げておきしょう。

 

腕の回転を速くするには

支点から出来るだけ最短に振ることが重要です。

特に大きな遠心力がかかると腕の振る速度は

遅くなります。

出来るだけ遠心力をかからない為には

肘を曲げた状態で肩を支点にして腕を

振ることが回転する速度をあげるには有効です。

 


 

腕の回転をあげるにはジャンプで試してみよう

img_1860img_1858

↑のように腕の回転だけでジャンプする練習を

してみましょう。

この動作がスムーズにできるようになることが

走る時の腕の振りにも活きてきます。

腕の回転を速くすることが出来れば

足の回転は自然に速くなります。

ジャンプの際に腕の振りを出来るだけ

速くふることが出来ればジャンプする際の

スピードはアップすることがわかります。

 

足が速くするにはカラダの使い方が

非常に重要です。腕の振りもその一つです。

明日は背中の使い方です。

速く走るのは誰でも可能です。

才能だけで速く走れる訳では

ありません。

身体の使い方を覚えて

今までにない体感スピードを体験してみてください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です