お子さまの走る時の足の地面へのつき方について。足の前足部でつきましょう!

A track and field athlete jumps over yellow hurdles before he runs over orange cones, all on a green turf field

奈良市のあすか鍼灸整骨院、asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

昨日TVで福岡マラソンのことを放映していました。

非常に最先端のトレーニングを受けた選手と

走りこみを重視した選手が明日マラソンで戦うとのことです。

どちらも、私が考えるには必要な練習やトレーニングだと。

トレーニングや練習は現在はスポーツ医学や筋肉の

様々な解明でトレーニングの内容等は日々進化しています。

しかし、昔ながらのトレーニングにもいいところはあると

思います。

 

明日のレースはオリンピックに繋がる大会です、

是非、頑張ってほしいです。

 


 

今日の投稿テーマは

走る時に足のどこで接地するかのお話です。

足を地面に接地する際に走る際は、

足の前足部で着地することをお薦めします。

 

走る動きをみていると多くの子供さんが

足の踵から着地している傾向があります。

しかし、踵から着地すると足の踵で一度

スピードを止めてしまうことになります。

 

また、走るということは、地面を真下に踏むというより、

斜め下を踏む感覚です。

ですので結果的に踵で踏む動きは効率的では

ありませせん。

 

 


 

まず、ジャンプから練習してみましょう

img_1858

ジャンプの際にまず、足の真ん中で踏む感覚をつかんで

みましょう。

そうすることで、足の前足部分で踏む感覚がつかめると思います。

ジャンプで練習したら、実際にハードルやラダーで練習してみましょう。

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

このような↑の練習で踏む位置をつかんでいきましょう。

踵から着地する走り方では前に進む推進力は得られません。

それはこのミニハードルで走ってみても明らかです。

踵で走りミニハードルやラダーを走ることはできません。

速く動きくにはいかに、ブレーキをかけづに、地面を踏めるかです。

 

足の着く位置がかわるだけで走るスピードは変化します。

競技をするにも、体育の授業でも足の踏み方で変わってきます。

是非、一度試してみてください。

走りがかわると思います。

 


 

足が速くなりたい、速く走りたいそんな

お子さま、競技を行っているお子様、親御様

気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です