子供さんのO脚の予防と改善について。中殿筋を強くしましょう。

pixta_29213408_m

奈良市のあすか鍼灸整骨院、asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。


今日は、朝から大阪でトレーニングの

器材の展示会に。インデックス大阪にいってきました。

本当に色んな健康に関する器具や飲料などが展示されて

いました。いい意味で色々参考になりました。

img_1944

 

 


 

今日の投稿テーマはO脚についてです。

ジュニア期のO脚もX脚と同様に子供さんには

みられる姿勢です。

基本O脚もX脚も競技をする上でも、日常生活でも影響を及ぼします。

0脚は特に陸上の長距離や、練習で走ることが

多い選手にとっては太ももの外側の筋や靭帯を

痛める原因になります。また、日常生活で常にO脚での

生活習慣が続くと足の指の力の配分にも影響する

為に足の指の変形にも繋がります。


 

O脚の原因は

①中殿筋といわれるお尻の筋をあまり使えない。

②母指球の意識が薄れてきている

③大腿部の内側に筋をあまり使えない

などが原因にあげらます。

そのなかでも中殿筋が特に重要です。

dsc_1168

↑の写真は向かって右側の足で支えています。

しかし、この際に中殿筋がしっかり使えないと

片足で体重を支えることができなく左右に傾く

ことになります。


 

中殿筋をしっかりと使う練習をしましょう!

中殿筋は歩行時や走るさいに身体が外側方向に

傾くのを防ぐ役割をします。外から内に押し込むような

筋肉の作用をします。

ですのでこの筋があまり使えていないと身体がどうしても

外側に傾いてしまいます。

それが小指荷重になり結果O脚になることに

繋がります。

中殿筋を強化するにはまずしっかりと

片足で立つことが重要です。

 

 

img_1946

↑のように身体を壁に傾けて足をあげることができれば

中殿筋をしっかりと使うことができます。

 

下記の写真では向かって左側は右の中殿筋が

使えていないと臀部が横にスライドして上に

上がっています。しかし、右の写真は

両方とも臀部の左右差がありません。

この左右の移動が普段の生活で多くなると

O脚になりやすくなります。中殿筋を強化することで

中殿筋を予防する一環になります。

是非、中殿筋を強化することをお薦めします。

子供さんでも中殿筋をしっかりとつかう練習は

必要です。

img_1953img_1954

↑中殿筋が使えていないケース   ↑中殿筋が使えているケース。


O脚でお悩みの親御さま、気軽に

お問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島竜一

 

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です